印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

打ち込み野菜鍋

調理時間
1時間30分
カロリー
750 Kcal
打ち込み野菜鍋
材料  ( 4 人分

<手打ちうどん>

  

中力粉

300g
  

ぬるま湯

150~160ml
  

小さじ2
  

打ち粉

(中力粉)適量

豚もも肉

(薄切り)250g

里芋

8個

もみ込む塩

小さじ1

大根

1/3本

シイタケ

3~4枚

刻みネギ

大さじ8

だし汁

1600~2000ml  作り方 >>

麦みそ

大さじ10~12

下準備

  • 打ち込み野菜鍋の下準備1 打ち込み野菜鍋の下準備1 打ち込み野菜鍋の下準備1

    <手打ちうどん>を作る。1 ボウルに中力粉、塩を溶かしたぬるま湯を加え混ぜる。はじめはボソボソしているがある程度ひとまとめになったら、ボウルから出し、手のひらを使って体重をかけるようにこね、丸くまとめる。2 抗菌のビニール袋に入れ、タオルで包んで20分以上そのまま寝かした後、袋を2重にして袋の中央に生地を置き、タオルにはさみ、足のかかとで踏みながらペッタンコにのばす。(前日から準備する場合は、冷蔵庫に入れて下さい。24時間位おいてもOKです)3 袋から出して細長く三つ折りにし、さらに両端を内側に折り四角く形を整え、重なった部分を下にして、袋に戻してタオルにはさんで同様にかかとで踏む・・を3~4回繰り返し、再び折りたたんで袋に入れ、タオルに包んだ状態で10分以上寝かせる。 4 再び、かかとで踏んでペッタンコにのばし、平らな台に打ち粉(中力粉)をし、ビニール袋から出したうどん生地を色々な方向に麺棒でのばす。(薄くのばすと細めんに、厚めにのばすと太麺になります)5 のばした生地にたっぷり打ち粉を掛けて、びょうぶに畳み、包丁でお好みの幅に切る。6 たっぷりの熱湯に切った麺を入れ、時々菜ばしで混ぜながらふきこぼれない程度の火加減で7~8分くらいゆでる。ザルに上げて流水を掛け、麺が冷めたら流水でもむ様に洗ってヌメリを取り、よく水切りする。

  • 打ち込み野菜鍋の下準備2

    豚もも肉は食べやすい長さに切る。

  • 里芋は皮をむき水洗いして塩をもみ込み、熱湯に塩ごと加えて煮立ったら5~6分ゆでてザルに上げ、水洗いする。大きい場合はゆでる前にひとくち大に切る。

  • 大根、ニンジンは皮をむいて食べやすい大きさの短冊に切る。

  • ゴボウはたわしできれいに水洗いして斜め薄切りにし、水に放ち何回か水を替えてザルに上げる。

  • 生シイタケは石づきを切り落として汚れを拭き取り、軸と笠に切り分け、軸は縦に裂き笠は飾り切りをする。大きい場合は削ぎ切りにする。

  • 油揚げは熱湯を掛けて油抜きをし、食べやすい大きさに切る。

作り方

  1. 打ち込み野菜鍋の作り方1
    1

    大きな鍋にだし汁を火にかけ、麦みそを溶いて煮立ったらバターを加える。

  2. 打ち込み野菜鍋の作り方2
    2

    刻みネギ以外の野菜を加えて煮立ったら4~5分煮て、手打ちうどんと豚薄切り肉を加える。

  3. 3

    器にだし汁ごと取り分け、刻みネギを加えてお好みで一味唐辛子や七味唐辛子を振り掛ける。

このレシピのポイント・コツ

・だし汁は一部取り置き(具が入る分取り置く)、具を煮ながらだし汁が減った分だけその都度足して下さい。
打ち込み野菜鍋のレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.