1. E・レシピ >
  2. スイーツ >
  3. クッキー・マカロン等 >
  4. イチゴのビスキュイのレシピ・作り方

イチゴのビスキュイ

お好みで丸く絞っても。イチゴのフレッシュさと、上品な甘さのクリームとのバランスが格別!

イチゴのビスキュイ
スイーツ
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 約 10 〜 12 個分

<ビスキュイ生地>

  卵白60g
  卵黄50g
  薄力粉30g
  ピスタチオ6~8粒
  粉糖適量

<クレームパティシエール>

  牛乳200ml
  卵黄50g
  薄力粉6g
  生クリーム80ml
  粉糖8g

<シロップ>

  30ml
  キルシュ適量
イチゴ適量

下準備

  • <ビスキュイ生地>の薄力粉、コーンスターチを合わせて2~3回振るう

  • <クレームパティシエール>のコーンスターチ、薄力粉を合わせて振るう

  • バニラビーンズは包丁で切り込みを入れて種をしごき出しておく

  • ピスタチオは粗く刻む

  • <シロップ>を作る。小鍋に水とグラニュー糖を入れて火にかけ、グラニュー糖が溶けたら火からおろし、粗熱が取れたらキルシュを加える

  • イチゴは水洗いしてヘタを切り落とす。大きい場合は縦半分に切る

  • オーブンを200℃に予熱する

作り方

  1. 1

    <ビスキュイ生地>を作る。ボウルに卵白を入れてほぐし、グラニュー糖をひとつまみ入れてハンドミキサーで泡立てる。2~3回に分けて残りのグラニュー糖を加え、その都度よく泡立てる。しっかり泡立ったら卵黄を加え、泡立て器で軽く混ぜる。合わせて振るった粉類を加え、泡立て器からゴムベラに変えて手早く混ぜる。

  2. 2

    クッキングシートを敷いた天板の上に直径1cmの口金をつけた絞り袋で、1を12cm位の長さに20~24本分絞り出す。半量にピスタチオを散らし、粉糖を振り200℃に予熱しておいたオーブンで10~12分焼く。 ※ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。目安として小型の電気オーブンの場合、レシピより10~20℃高い設定にして下さい。

  3. 3

    <クレームパティシエール>を作る。鍋に牛乳、バニラビーンズ(サヤごと)、グラニュー糖の一部を加え、沸騰直前まで火にかける。

  4. 4

    ボウルに卵黄、残りのグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまですり混ぜる。合わせて振るった粉類を加え、サッと混ぜ、3の半量を注ぎ入れてよく混ぜる。3の鍋に戻し入れ、ボコボコ沸騰してツヤが出るまでしっかり混ぜながら火を通す。バットに移し入れ、表面にぴったりラップをし、底に氷水をあてる。

  5. 5

    ボウルに生クリーム、粉糖を入れてしっかり泡立てる。

  6. 6

    4の<クレームパティシエール>をボウルにこし、5を加えて混ぜる。

  7. 7

    <ビスキュイ生地>に軽く<シロップ>をぬる。半量の<ビスキュイ生地>の上に<クレームパティシエール>を絞り出し、イチゴをのせ、残りの<ビスキュイ生地>ではさむ。

リストに追加ファンになる

現在のファン数40

井手田 幸
レシピ制作 井手田 幸

( ブログ

パティシエール
パリのル・コルトンブルーで学び、3ツ星レストランでスタージュ後、現在は「le bonheur」として活動している。

井手田 幸制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.