1. E・レシピ >
  2. 連載 >
  3. トマトソースパスタのレシピ・作り方

トマトソースパスタ

長時間煮込む必要があるトマトソースも、コレならレンジで15分加熱するだけ!

トマトソースパスタ
連載
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 1 人分

スパゲティー(1.6mm)100g
  (ゆでる用)1000ml
  10~13g

<トマトソース:作りやすい量>

  水煮トマト(缶)400g
  玉ネギ1個
  ニンニク1片
  ローリエ1枚
  顆粒スープの素大さじ1
  オリーブ油大さじ4
  塩コショウ少々
バジル(ドライ)適量

作り方

  1. 1

    【トマトソースを作る】 玉ネギはみじん切りにする。ニンニクは縦半分に切って芽を取り、みじん切りにする。大きめの耐熱ボウルに玉ネギ、ニンニク、ローリエ、顆粒スープの素、オリーブ油、塩コショウを入れ、ラップ(隙間を少しあけて)をかける。電子レンジ(600W)で4~5分加熱する。<ワンポイントアドバイス>はじめに玉ネギの水分を飛ばし、ニンニクの香りをオリーブ油に移しておきます。

  2. 2

    いったんボウルをレンジから取り出し、トマトピューレ、水煮トマトを加え、フォーク等でトマトをつぶす。ラップはかけずに電子レンジで7~8分加熱して全体に混ぜ、さらに4~5分加熱する。1回分に使う量を残し、残りのトマトソースは保存袋に入れる。<ワンポイントアドバイス>スパゲティー用に少し濃い味で、シンプルなトマトソースに作っておくとアレンジがしやすいです。残ったトマトソースは小分けにし、冷蔵なら約2週間、冷凍なら約2ヶ月保存できます。ひき肉を炒めてトマトソースと合わせ、ミートソースもおいしいですよ!

  3. 3

    【トマトソースを作っている間にスパゲティーをゆでるお湯を準備する】深めのフライパンに水(ゆでる用)を入れて強火にかけ、煮たってきたら塩を入れる。<ワンポイントアドバイス>スパゲティーをゆでる時は、10~13%の塩分濃度のお湯でゆでます。ここではお湯が1000mlなので10~13gの塩を入れています。少なくても2000mlでゆでるのが理想です!

  4. 4

    【スパゲティーをゆでる】スパゲティーが長い場合は半分に折り、パラパラと煮たっている熱湯に入れる。再び煮たってきたらクツクツくらいの火加減で、時々トング、または菜ばしで混ぜながら袋の指定時間より1分短めにゆでる。ここでは9分ゆでなので8分ゆでます。<ワンポイントアドバイス>ここでは、長いままゆでていますが、鍋やフライパンが小さい場合は、スパゲティーを半分に折ってゆでて下さい。

  5. 5

    (4)のスパゲティーがゆで上がったら、(2)の<トマトソース>のボウルに入れ、全体にからめる。器に盛り、バジルを振る。<ワンポイントアドバイス>バジルの代わりにオレガノ、又はタバスコや粉チーズもよく合います。ゆで上がったスパゲティーにオリーブ油をからめ、器に盛ってトマトソースをかけてもおいしいですよ。トマトソースの作り置きがあれば、スパゲティーをゆでている間にソースを温めるだけでいいので、短時間でおいしいトマトソースパスタが楽しめますね!

リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    ウーマンエキサイト特集

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.