1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 酵素レシピ >
  4. 甘酒&甘酒シェイクのレシピ・作り方

甘酒&甘酒シェイク

巷で大人気「麹」の、また別の魅力。麹がでんぷんを分解しているため、ノンシュガーなのに驚きの甘さ。滋養もたっぷり♪夏は冷やしてシェイク、冬はしょうが汁を加えHotで。

甘酒&甘酒シェイク
甘酒&甘酒シェイク
特集
調理時間
10時間
レシピ制作: 
材料 ( 甘酒でき上がり約 1 kg分

<甘酒>

  お米2合
  米麹(乾燥)200g
  350ml

<甘酒シェイク>

  甘酒(冷やしたもの)90ml
  豆乳(無調整)30ml

下準備

  • 炊飯器で普通の水加減でご飯を炊いておく。

  • 米麹は手でほぐしておく。

作り方

  1. 1

    炊きたてのご飯に水350mlを加えてよく混ぜ、ご飯の温度を63℃に下げる。63℃になったら、ほぐしておいた米麹を加え、混ぜ合わせる。温度は55~58℃位に下がる。

  2. 2

    炊飯器の蓋をあけたまま、清潔な布巾で覆い、保温ボタンを押す。55℃~60℃を保ったまま、3~4時間ごとに全体をかき混ぜながら、10~12時間保温する。※米粒がお粥のようにふやけて、十分な甘みが出たら出来上がり。

  3. 3

    <甘酒シェイク>を作る。ミキサーに<甘酒シェイク>の材料を全て入れ、滑らかになるまでかくはんする。

このレシピのポイント・コツ

・■麹の話麹は、蒸した穀類や豆類に、麹菌という食品発酵に有効な微生物を繁殖させたものです。日本古来の味噌、醤油、甘酒、清酒、焼酎、食酢、漬け物などの醸造調味料を生み出す元となるもので、日本の発酵食品文化の要として存在してきました。 麹菌は、繁殖する際にでんぷん質を糖(甘味)に分解するアミラーゼと、たんぱく質をアミノ酸(うまみ)に分解するプロテアーゼという、2種類の酵素を生み出し、それを栄養源にしながら増殖するため、麹の中には酵素がたっぷりと含まれています。麹は活性した酵素そのものといえます。最近の研究では、麹製品は人体の免疫力を高め、アレルギー症を防ぐアレルゲン除去 にも役立つと発表されています。
・■甘酒の話麹菌によって米を発酵させたものが甘酒。また、麹菌が繁殖するときに、酵素の働きによってでんぷんを糖化し、たんぱく質をアミノ酸に分解します。また、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオンなど、全ての天然型吸収ビタミン群を作りだすため、大変栄養価が高くなります。麹に由来する食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整えるので、便秘や肌荒れなどを予防・改善、体内の有害物質の排出に役立ちます。
リストに追加ファンになる

現在のファン数26

藤丸 志保
レシピ制作 藤丸 志保

調理師
マクロビオティック、酵素栄養学、有機農業の知識と経験を活かし、作る人も食べる人も幸せになれるような料理を作っている。

藤丸 志保制作レシピ一覧

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.