1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. おせちのリメイクレシピ >
  4. 黒豆のベイクドチーズケーキのレシピ・作り方

黒豆のベイクドチーズケーキ

お正月にもデザートは欲しい。黒豆を使ってこんな和風のチーズケーキができます。ほんのりきな粉の風味で和をとりいれて、お正月風に。

黒豆のベイクドチーズケーキ
特集
調理時間
1/8カット分523 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 18cm径型 1 台分

<クッキー底>

  クッキー12~15枚(140g)
  バター50g

<生地>

  生クリーム150ml
  2個
  レモン汁大1
  きな粉大2
  牛乳大2
粉糖大1
抹茶少々

<あれば>

  つくばね適量
  金箔適量
バター(型にぬる用)適量

下準備

  • ケーキ型にバターを塗り、オーブンシートを底と側面に敷く。

  • オーブンを160℃に予熱する。

作り方

  1. 1

    <クッキー底>のクッキーはビニール袋に入れ麺棒等で転がすように押さえて細かく砕き、バター50gは耐熱容器に入れてラップをかけずに電子レンジで20~30秒加熱し、溶かしバターにして、砕いたクッキーと混ぜ合わせ、ケーキ型の底にきっちり敷き込む。黒豆はキッチンペーパーに並べ、汁気をきる。

  2. 2

    <生地>を作る。耐熱容器にクリームチーズを入れ、電子レンジで10秒ずつ加熱し、指で押して、指がクリームチーズに入っていく位柔らかくなるまで加熱し、木ベラで空気を入れないようによく練っておく。

  3. 3

    ボウルに生クリーム、グラニュー糖を加え、ボウルの底を湯せんにかけてグラニュー糖が溶けるまで混ぜ合わせる。

  4. 4

    卵を割って軽く溶き、レモン汁、バニラエッセンスを加え、きな粉と牛乳大2を混ぜ合わせたコーンスターチを加え、空気を含ませないように混ぜる。

  5. 5

    2のクリームチーズに3の生クリームを4~5回に分けながら加えては、空気を入れないよう練るように混ぜ、加えては練り混ぜをくり返す。全体に混ざれば、同様に、4の溶き卵を3~4回に分けて混ぜ合わせ、網を通す。

  6. 6

    1の型に5の<生地>を1/4量流し入れ、黒豆を散らせて入れ、残りの生地を流し入れ、表面を平にして、160℃に予熱したオーブンで120分焼く。

  7. 7

    表面に美味しそうな焼き色がついたら取り出してケーキクーラーにのせ、そのまま完全に冷まし、ラップをかけて冷蔵庫で一晩落ち着かせる。型から出して、お好みの大きさに切り分け、器に盛り、粉糖や抹茶を振り、あればつくばねを添える。

このレシピのポイント・コツ

黒豆のベイクドチーズケーキのポイント・コツ1
・つくばねはおせちの飾り用に瓶詰めで売られています。これひとつでずいぶんお正月顔に。
・ラップをかけて冷蔵庫で保存し、3~4日で食べきって下さい。食べきれない場合は、1人分にカットして冷凍すれば、1ヶ月位楽しめます。食べる時は冷蔵庫で自然解凍して下さい。
黒豆のベイクドチーズケーキのポイント・コツ3
・煮黒豆を飾り、金箔をのせるとお正月らしくなります。
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.