1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. ソーセージのレシピ・作り方

ソーセージ

2種類のソーセージを作りました。太さや長さを変えられるのは手作りならでは。

ソーセージ
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 作りやすい量

<基本>

  豚バラ肉(塊)300g
  豚肩肉または 豚もも肉(ブロック)700g

<調味料>

  粗塩大さじ強1(20g)
  砂糖大さじ2
  レモンペッパー小さじ1.5
  ガーリックパウダー小さじ1/2
  冷水(または牛乳)100ml
  ブランデー大さじ2
  しょうゆ小さじ1.5
  4個
  片栗粉大さじ2

<和風ソーセージ>

  ユズコショウ小さじ2
  大葉15~20枚
  鶏軟骨80g

<イタリアンソーセージ>

  チリペッパー小さじ2~3
  イタリアンパセリ1パック(14g)
  ベーコン50g
羊腸の塩漬け1パック(約4m)

メモお買い物メモ
ジャンル:
洋食 / 茹でる
種別:
副菜

作り方

  1. 1

    豚肩又はもも肉と豚バラ肉をそれぞれ3cm角に切る。<和風ソーセージ>の大葉は水洗いして、軸を切り落とし5mm角くらいのみじん切りして水に放ち布巾に包んでしっかり水気を絞る。鶏軟骨も細かく刻む。<イタリアンソーセージ>のベーコンとプロセスチーズ、イタリアンパセリも細かく刻む。腸の中に合わせたひき肉を詰めるときに口金を使いますので、口金を通る大きさに刻んで下さい。

  2. 2

    ひき肉機で豚バラ肉をひいて2つのボウルに分ける。肩又はもも肉をひき肉機でひいてフードプロセッサーに入れる。<調味料>も一緒に入れてしっかり混ざるまで攪拌する。攪拌出来たらそれぞれのボウルに分けておく。肉の部位、ひき方を変えることによって味や食感の違いを楽しめます。

  3. 3

    羊腸の塩をサッと水で洗い流して、たっぷりの水に浸ける。15分位は浸けておきます。

  4. 4

    それぞれのボウルに<和風ソーセージ>、<イタリアンソーセージ>の材料を加えて手を氷水に浸けて冷やしながら、よく混ぜ合わせる。混ぜ合わせたひき肉は、柔らかめのハンバーグ生地のようです。腸に詰めるまで冷蔵庫で冷やすかボウルの底を氷水につけて冷やしておくといいですよ。

  5. 5

    ソーセージ用の絞り袋にソーセージ用の口金をセットする。羊腸の端をもって、肉が詰めやすい様に腸の中に流水を通す。口金に腸をストッキングをはくようにセットする。

  6. 6

    ソーセージをゆでるお湯を温度計で計りながら70~75℃に温め始める。絞り袋に4の生地の1種類を空気が入らないように入れ、腸の中に肉をゆる目に絞りながら詰める。同様にもう1種類のソーセージを詰める。腸の両端は5cmくらい残して肉を詰めて下さい。

  7. 7

    半分の長さの所を2~3回ねじる。長~い2本のソーセージになります。2本とも同じ長さの所を別々にねじって、ねじったところを重ねてクロスさせ輪を作り、どちらか片方だけ輪をくぐらせ、同様にお好みの長さにねじってはくぐらせを繰り返す。

  8. 8

    最後、残しておいた両端の腸を肉ぎりぎりのところで結び、短い場合はタコ糸で結ぶ。空気が入っているところは楊枝や針で穴を開けて空気を出す。

  9. 9

    6のお湯に8のソーセージをつけて落とし蓋をして、ソーセージがお湯から出ないようにし、70~75℃を保ちながら40分位ゆでて、流水で粗熱を取り、氷水でしっかり冷やして出来上がり。水気を切って冷蔵庫で保存する。作り方8のソーセージをスモークにかけてから70℃のお湯でゆでると、スモークの香りがするソーセージになります

リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    ウーマンエキサイト特集

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.