印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

大豆と野菜のトマト煮込み

調理時間
20分

トマト煮込みも、重ね煮で簡単に。トーストにのせても、パスタソースにしても。

大豆と野菜のトマト煮込み
材料  ( 2 〜 3 人分

玉ネギ

(中)1個

水煮トマト

(缶:カット)400g

タイム

(ドライ)小さじ1/2

オレガノ

(ドライ)小さじ1/2

ケチャップ

大さじ2~3

小さじ1

バゲット

(お好みのもの)適量

下準備

  • 蓋に穴のない、厚手の鍋を用意する。

  • ニンニクは薄皮を剥き、みじん切りにする。

  • 大豆と野菜のトマト煮込みの下準備3

    玉ネギは皮をむいて付け根を取り、みじん切りにする。

作り方

  1. 大豆と野菜のトマト煮込みの作り方1
    1

    鍋にEVオリーブ油をひき、ニンニク、玉ネギ、水煮大豆、基本の重ね煮、水煮トマトの順番に材料を重ね、蓋をして鍋底に火が届く程度の弱火で加熱する。

  2. 大豆と野菜のトマト煮込みの作り方2
    2

    トマトの良い匂いがして、蓋から蒸気が漏れてきたら蓋を取り、全体をかき混ぜる。クミンパウダー、タイム、オレガノ、ケチャップ、塩を加え、時々かき混ぜながら煮詰める。モッタリとしてきたら器に盛り、バゲットとベビーリーフを添える。蓋付の保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日の保存可能。

このレシピのポイント・コツ

大豆と野菜のトマト煮込みのポイント・コツ1 大豆と野菜のトマト煮込みのポイント・コツ 大豆と野菜のトマト煮込みのポイント・コツ
・<基本の重ね煮の作り方(一週間分)>■材料 土ショウガ・20g/シイタケ(生)・200g/玉ネギ・200g/ニンジン・200g/ゴボウ・200g/水・少々/塩・少々■ 作り方<下準備>・蓋に穴のない、厚手の鍋を用意する。・土ショウガはせん切りにする。・シイタケは石づきを取り、薄切りにする。・玉ネギは皮をむいて付け根を取り、縦半分に切る。さらに横半分に切って、放射状に薄切りにする。・ニンジンは斜めせん切りにする。・ゴボウはタワシでこすりながら泥を洗い流し、ささがきにする。<作り方>1 焦げ付き防止のため、鍋底がぬれる程度の水をはる。2 材料の野菜をレシピに記載している順から鍋に重ねていき、一番上に塩少々を振り入れ、ぴったりと蓋をする。鍋底に火がやっと届く程度の弱火で加熱する。*途中、焦げ付きそうな場合は、水少々を足す(誘い水)。3 野菜の煮えるよい匂いがして、蓋から蒸気が漏れてきたら蓋を取り、全体をかき混ぜてでき上がり。蓋付の保存容器に移し、粗熱を取って冷蔵庫で保存する(冷蔵庫で1週間保存可能)。
・*料理のポイント*・ トマトソースを重ね煮で作りました。今回は簡単に作る方法をご紹介しましたが、一手間掛ける場合は、ニンニク、玉ネギを飴色になるまで炒めた後、残りの手順で作ってもよいでしょう。・ クミン、タイム、オレガノの3種のハーブを使いましたが、お好みに応じてチリやカイエンペッパーを加えた、チリビーンズにしても良いでしょう。カレースパイスでも、おいしくできます。
大豆と野菜のトマト煮込みのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.