印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

鮎の肝みそ焼き

調理時間
20分

鮎の肝の苦味と白みその甘味でお酒がすすみます。

鮎の肝みそ焼き
材料  ( 2 人分

アユ

2尾

白みそ

大さじ1

大さじ1

少々

<甘酢>

  

米酢

大さじ3
  

砂糖

大さじ1
  

少々

作り方

  1. 鮎の肝みそ焼きの作り方1
    1

    スダチは横半分に切る。ミョウガは縦半分に切り、さらにせん切りにし、ザルに広げる。熱湯をかけ、そのまま冷ます。ボウルで<甘酢>の材料を混ぜ合わせ、水気をきったミョウガを漬け、冷やしておく。

  2. 鮎の肝みそ焼きの作り方2
    2

    アユは包丁の先で軽くしごくようにウロコとヌメリをこそげる。腹に切り込みを入れ、腹ワタを出す。身はサッと水洗いをして水気をよく拭き取り、腹ワタは包丁でたたく。

  3. 鮎の肝みそ焼きの作り方3
    3

    ボウルに白みそと酒を入れてよく混ぜ、(1)のたたいた腹ワタを加える。さらによく混ぜ、目の粗いザルで裏ごしする。鍋に移して弱火にかけ、焦げないように注意しながら水分をとばし、元のみその固さ位になったら火からおろして粗熱を取る。

  4. 鮎の肝みそ焼きの作り方4
    4

    粗熱が取れた肝みそをアユの腹に戻し入れる。両面に軽く塩をして、グリルで両面に焼き色がつくまで焼く。皿に盛り、スダチと(1)のミョウガの汁気をきって添える。

鮎の肝みそ焼きのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.