1. E・レシピ >
  2. 連載 >
  3. おかず煮豆のレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

おかず煮豆

13回 おいしい

日本人でよかった…としみじみうれしくなるようなほっとする味。一日位置いた方がより味がなじんでおいしいですよ。ご飯を片手に召し上がれ!

おかず煮豆
連載
調理時間
1125 Kcal
材料 ( 作りやすい量

大豆(乾燥)150g
(浸け置き用)600ml
(浸け置き用)200ml
昆布(10cm角)2枚
鶏もも肉1/4枚
ニンジン1/2本
ゴボウ1/2本

<調味料>

  みりん大さじ3
  砂糖大さじ1
  しょうゆ大さじ2
  薄口しょうゆ大さじ1
ゴマ油小さじ1

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 一品料理
種別:
副菜

下準備

  • <前日の下準備>乾燥大豆は虫食いや変色している大豆を取り除き、サッと水洗いして浸け置きの水600mlを加え、汚れを拭き取った昆布も一緒に加えて一晩置く。干しシイタケは浸け置きの水200mlに浸け1晩置く。

作り方

  1. 1

    <おかず煮豆>を煮る。昆布は取り出し、シワなくぷっくりもどった大豆ともどし汁に分け、はずれた大豆の皮を取り除く(指でつまむようにして薄皮を取り除いて下さい)。シイタケの水気を軽く絞って軸を切り落とし、1cm角に切る。もどし汁は網を通しておく。

  2. 2

    圧力鍋に大豆ともどし汁400ml、シイタケともどし汁100mlを入れて蓋をし、火が鍋底からはみ出ないくらいの強火にかけて加圧し、圧がかかったら弱火にして圧を維持しながら3分加圧して火を止める。鍋底を水に浸けて急冷し、中の圧力を完全に下げる。

  3. 3

    昆布、鶏もも肉、ニンジンは皮をむき、ゴボウはタワシできれいに水洗いし、それぞれ1cm角くらいに切る。板コンニャクは他の材料くらいの大きさに手でちぎり、水と鍋に入れて煮立て、1分ゆでてザルに上げ水洗いして水気をきる。フライパンにゴマ油を入れて中火にかけ昆布以外の材料を炒める。

  4. 4

    圧の下がった3の鍋の蓋を開けて、昆布、炒めた材料、<調味料>を加え鍋の蓋をする。火が鍋底からはみ出ないくらいの強火にかけて加圧し、圧がかかったら弱火にして圧を維持しながら3分加圧して火を止める。鍋底を水に浸けて急冷し、中の圧力を完全に下げる。

  5. 5

    蓋を開けて強火にかけ、アクを取りながら少し煮詰めて出来上がり。

このレシピのポイント・コツ

・お使いの圧力鍋によって容量が変わりますので、ご確認下さい。
・一日位置いた方がおいしいですよ。

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.