1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. イチゴのダコワーズのレシピ・作り方

イチゴのダコワーズ

甘酸っぱいイチゴがたっぷり!

イチゴのダコワーズ
特集
調理時間
1台分1849 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 直径15cmセルクル 1 台分

<ダコワーズ生地>

  粉糖75g
  卵白75g
  粉糖適量

<クレームパティシエール>

  牛乳200ml
  卵黄3個分
  薄力粉5g
  生クリーム40ml
  リキュール(フランボワーズ)適量
  粉糖5g

<デコレーション>

  粉糖適量
  イチゴ1パック
  ピスタチオ6~7粒

下準備

  • アーモンドプードル、粉糖は合わせて2~3回振るっておく。

  • 天板にクッキングシートを敷き、直径15cmのセルクルをのせておく。

  • オーブンを180℃に予熱しておく。

  • <クレームパティシエール>のコーンスターチ、薄力粉は合わせて2~3回振るっておく。

  • バニラビーンズはサヤに切り込みを入れて種をしごき出しておく。

  • 赤い実のフルーツは粉糖をまぶしておく。

  • イチゴは縦半分に切る。

作り方

  1. 1

    <ダコワーズ生地>を作る。ボウルに卵白を入れほぐす。グラニュー糖を2~3回に分けて加え、ハンドミキサーで泡立ててしっかりしたメレンゲを作る。合わせて2~3回振るっておいたアーモンドプードルと粉糖を振るい入れ手早く混ぜる。

  2. 2

    天板にクッキングシートを敷き、直径15cmのセルクルをのせておく。直径1cmの丸口金をつけた絞り袋に(1)を入れ、セルクルの側面一周に丸く絞り、底全体は渦巻き状に絞り出す。表面に粉糖を振る。

  3. 3

    180℃に予熱しておいたオーブンで15分、170℃で10~15分焼く。途中膨れるので、真ん中をナイフで刺して空気を抜く。冷めたら型から外す。

  4. 4

    <クレームパティシエール>を作る。コーンスターチ、薄力粉は合わせて2~3回振るっておく。バニラビーンズはサヤに切り込みを入れて種をしごき出しておく。牛乳、バニラビーンズ(サヤごと)、分量内の少量のグラニュー糖を鍋に入れて火にかける。

  5. 5

    ボウルに卵黄、グラニュー糖を入れ、白っぽくなるまですり混ぜる。合わせてふるっておいた粉類を加える。

  6. 6

    (4)が人肌程度に温まったら半量ほどを(5)に注ぎ、混ぜ合わせて鍋に戻し入れる。再び火にかけ、泡立て器で絶えず混ぜながら中火でボコボコ沸騰してしっかり火が入るまで炊く。火を止め、無塩バターを加え、バットに移し入れる。ラップをぴったり貼り底に氷水を当てて冷やす。

  7. 7

    生クリームを氷水にあてながらしっかり泡立てる。

  8. 8

    (6)をこし、フランボワーズリキュール、(7)を加え混ぜる。

  9. 9

    (3)の<ダコワーズ生地>の上に半量の<クレームパティシエール>を入れて平らにし、粉糖をまぶした赤い実のフルーツを並べる。上に残りの<クレームパティシエール>を入れドーム状にする。周囲に粉糖を振り、縦半分に切ったイチゴとピスタチオを飾る。

このレシピのポイント・コツ

・ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。
リストに追加ファンになる

現在のファン数40

井手田 幸
レシピ制作 井手田 幸

( ブログ

パティシエール
パリのル・コルトンブルーで学び、3ツ星レストランでスタージュ後、現在は「le bonheur」として活動している。

井手田 幸制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.