印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

サバの塩焼き

調理時間
20分
カロリー
173 Kcal

甘酢を混ぜた大根おろしと一緒に召し上がれ!

サバの塩焼き
材料  ( 4 人分

サバ

(切り身)4切れ
  

適量

レモン

1/2個

大根おろし

1カップ
  

しょうゆ

小さじ1/2

下準備

  • サバの塩焼きの下準備1

    サバは水洗いして水気を拭き取り、包丁を斜めにして身の厚い皮部分に5mm位の深さで、7~8mm間隔の切り込みを入れる。手に塩を持ち、20~30cm位上で指の隙間から塩を落としながら、裏表全体にまんべんなく振り掛け、10分置く。でてきた水分は軽く押さえてとる(『振り塩をする』といいます) 。

  • 大根おろしはザルに上げて汁気をきり、作り置き甘酢、しょうゆを混ぜる。

  • グリルを予熱する。(ヒント)ここでは両面焼きグリルを使用しています。上火タイプや下火タイプのグリルがあります。受け皿に水をはるタイプの場合もありますので、お使いのグリルの説明書に従って下さい。

  • レモンは4つに切る。

作り方

  1. サバの塩焼きの作り方1
    1

    焼き網にサラダ油を薄くぬり、サバの皮を上にして、(盛り付けた時に上になるように置く)弱火で8~10分表面に焼き色が付くくらいまで焼く。器に盛って、レモン、大根おろしを添える。

サバの塩焼きのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.