印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

春魚介のペスカトーレ

調理時間
-

ペスカトーレとは漁師風という意味。魚、イカやタコ、貝類の旨味をたっぷり味わえます。魚介はトマトソースとも相性がよく、少し煮込むと甘味も出てきます。

春魚介のペスカトーレ
材料  ( 2 人分

サワラ

1切れ

ヒイカ

6~8はい

ハマグリ

(砂出し)4個分

アサリ

(砂出し)大10個分

作り方

  1. 春魚介のペスカトーレの作り方1
    1

    ヒイカは軟骨を引き抜き、足先を切り揃え、くちばし、目を取り除き半分に切る。サワラは皮と骨を取り除き、一口大に切る。ハマグリ、アサリは塩水で殻と殻をこするように洗う。

  2. 春魚介のペスカトーレの作り方2
    2

    水煮ホールトマトは手でつぶして小鍋に入れる。ニンニクは縦半分に切って芽をとり、みじん切りにする。ルッコラは根元を切り落とし、水洗いして3cmの長さに切る。

  3. 春魚介のペスカトーレの作り方3
    3

    フライパンにオリーブ油大3、ニンニク半量を入れて火にかけ、香りが立ってくればハマグリ、アサリ、白ワイン大4を加え、蓋をして蒸し煮にする。貝の殻が開けば、殻から身を取り出し、蒸し汁はキッチンペーパーでこす。

  4. 春魚介のペスカトーレの作り方4
    4

    水煮トマトの鍋にこした蒸し汁を加え、強火にかけて煮立てば中火にし、アクを取りながら10分煮る。

  5. 春魚介のペスカトーレの作り方5
    5

    パスタをゆでる。塩を入れたたっぷりの熱湯にパスタを入れ、常にクツクツ煮たった状態を保ちながら、時々菜ばしで混ぜ、指定の時間より少し短めにゆでる。(今回のリングイネの場合、指定ゆで時間は11分。おすすめのゆで時間は10分。ハマグリやアサリから塩分が出るので、今回のゆでる塩は少なめです)

  6. 春魚介のペスカトーレの作り方6
    6

    フライパンに残りのオリーブ油大2、ニンニクの半量を入れて弱火にかけ、ニンニクの香りが立ってくれば、サワラ、ヒイカを加えて強火で手早く炒め、白ワイン大2を加えて蓋をし、1~2分蒸し焼きにする。

  7. 春魚介のペスカトーレの作り方7
    7

    4のソースに6 のサワラ、ヒイカを加えて塩コショウで味を整え、煮立てば、ゆであがったパスタを加える。全体にからまれば、ルッコラを加えてひと混ぜし、器に盛る。

このレシピのポイント・コツ

春魚介のペスカトーレのポイント・コツ1
・『リングイネ』は「小さな舌」という意味。スパゲッティを押し潰したような平たい形が特徴。スパゲティよりも表面積が広い分、トマトソースなどがよくからみます。
春魚介のペスカトーレのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.