印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

鯛の子

調理時間
20分
カロリー
192 Kcal

春の鯛の子のときは、花を咲かせたように炊きますが、まだ卵がかたいこの時期はあえて、かたく炊いてそのままのお楽しみ。

鯛の子
材料  ( 4 人分

鯛の子

3~4腹

<煮汁>

  

100ml
  

150ml
  

みりん

大3
  

砂糖

大4
  

しょうゆ

大1

作り方

  1. 鯛の子の作り方1
    1

    鯛の子は、水でぬらしてかたく絞ったガーゼで包み、熱湯に入れてサッとゆで、ガーゼごとザルに上げてから、鯛の子をとり出す。

  2. 鯛の子の作り方2
    2

    <煮汁>を鍋に入れて一煮立ちさせ、1の鯛の子を入れ煮立たせない位の火加減で(ポコポコ位の火加減)そっと(煮汁からとびでるようなら落とし蓋をして)10分煮て、粗熱が取れるまでそのまま冷ます。

  3. 鯛の子の作り方3
    3

    鯛の子を取り出し、食べやすい大きさに切る。煮汁は強火にかけ半量になるまで煮詰め、切った鯛の子を戻し入れる。味が良く含んだら器に盛る。

このレシピのポイント・コツ

・鯛の子は外の薄皮が破れていないもの、プルン、もっちりとしたものを選んで下さい。
・花が咲いたように煮る方法もありますが、ここでは何日も楽しみたいので、煮汁に卵がホロホロとばらけてしまわない煮方にしました。春の炊き合わせには、筍とあわせることが多いので、サックリ感の筍に合わせて、鯛の子はふわっと仕上げます。
鯛の子のレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.