1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. プリザーブイチゴのブラウニーのレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

プリザーブイチゴのブラウニー

12回 おいしい

イチゴの形を残したまま煮た、プリザーブイチゴ。チョコレート菓子ではもう定番のブラウニ-の底にしいてみました!甘酸っぱさと濃厚さが絶妙なバランスの1品です。

プリザーブイチゴのブラウニー
特集
調理時間
材料 ( 18cm角型 1 台分

<プリザーブイチゴ>

  イチゴ中30粒
  砂糖大2
  小1/2

<シロップ>

  2個
  砂糖50g
  薄力粉80g
  クルミ50g
バター(バットにぬる用)適量

<イチゴクリーム>

  イチゴ70g
  生クリーム100ml
  砂糖大1

下準備

  • オーブンは160℃に予熱する。

作り方

  1. 1

    プリザーブイチゴを作る。イチゴはきれいに水洗いしてヘタを切り落とし、水気を拭き取る。鍋にイチゴ、砂糖、水を入れて中火にかけ、フツフツしてくれば火を弱めて煮汁がなくなるまで煮る。(焦げないように気をつける)火からはずし、粗熱が取れたらホワイトキュラソーを混ぜ合わせる。

  2. 2

    型に薄くバターを塗り、角に切り込みを入れたオーブンシートをぴったりと敷き、1のプリザーブイチゴを底面に広げ入れる。170℃オーブンでクルミを5分焼き、粗く刻む。

  3. 3

    ブラウニ-生地を作る。チョコレートは細かく刻む。(製菓用でなくてもOK)バターは一口大の大きさに切る。薄力粉、ベーキングパウダーは合わせて網で振るっておく。

  4. 4

    チョコレート液を作る。ボウルに無塩バター、チョコレートを入れ、ボウルより小さい鍋に重ねて湯せんにかけ、ゴムベラなどで混ぜながら溶かす。

  5. 5

    別のボウルに卵を割りほぐし、砂糖を2~3回に分けて加え、全体にもったりして白っぽくなるまで泡立てる。4のチョコレート液を加えて混ぜ合わせ、バニラエッセンスも加えてよく混ぜ合わせる。

  6. 6

    振るっておいた粉類、クルミを加え、ゴムベラで切るように混ぜ合わせる。

  7. 7

    2の型に流し入れ、生地をならして160℃に予熱したオーブンで30分焼く。竹串を刺して、何もついてこなければOK。型から出して冷まし、完全に冷めたらオーブンシートを外す。

  8. 8

    イチゴクリームを作る。ボウルに生クリームと砂糖を入れ、ボウルの底を氷水に当てながらツンと角が立つまでしっかり泡立てる。イチゴはきれいに水洗いしてヘタを切り落とし、フォークの背で軽くつぶす。生クリームに加え、混ぜすぎないように気をつけながら混ぜ合わせる。ブラウニーを食べやすい大きさに切って器に盛り、イチゴクリームを添える。

このレシピのポイント・コツ

・ここはガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。目安として小型の電気オーブンの場合、レシピより10~20℃高い設定にして下さい。

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.