1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 数の子のレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

数の子

16回 おいしい

今年は粕床で漬けた数の子にぜひチャレンジ!風味豊かな数の子は絶品!

数の子
特集
調理時間
861 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 作りやすい量

数の子12~15本位
少々

<つけだし>

  大さじ4
  みりん小さじ1
  薄口しょうゆ小さじ2
  だし汁200ml  作り方 >>
糸かつお適量

<粕床>

  酒粕250g
  大さじ5
  みりん大さじ4~5

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 一品料理
種別:
副菜

作り方

  1. 1

    数の子は薄い塩水に半日以上浸し、塩抜きをする。ほんのり塩気が残る位になったら、白い膜を指先でこすって取り除き、取りにくい所は楊子を使ってていねいに取り、水で洗う。

  2. 2

    <つけだし>をひと煮立ちさせて冷まし、深めの容器に入れて半量の数の子を半日以上つける。

  3. 3

    <粕床>の材料をハンドミキサー、又はフードプロセッサーで滑らかなペースト状にする。ラップに<粕床>を薄くのばしガーゼ、塩抜き数の子をのせ、ガーゼを掛けて<粕床>をかぶせる。1本ずつ、又は何本か一緒に平たく並べて包んでもOKです。2日間位で漬かります。

このレシピのポイント・コツ

・数の子の種類や浸す水の量によって、塩抜き時間が違いますので加減して下さい。
・<つけだし>をひと煮立ちさせると、お酒のアルコール分で鍋の中に火が入ることがありますので、火傷をしないように注意して下さい。<つけだし>が足りない場合は煮切り酒を加える。煮切り酒は、酒をひと煮立ちさせてアルコール分をとばした酒です。アルコールの香りが気にならない方はそのまま煮切らずに使われてもOKです。
・粕床は何回も使えますので、ホタテ貝柱、エビ、魚(塩をして少し水分を抜いたもの)などを漬けても美味しいですよ。最後にお肉を漬けてもいいですね。
・【参考】数の子をたくさん漬けた方は、マヨネーズ、豆板醤、練りウニなどで和えて違った味を楽しんではいかがでしょうか。おぼろ昆布をフライパンに入れて弱火で炒って、パリッとしたら細かくもみほぐし混ぜ合わせてもおいしいですよ。数の子を細かく刻んで、散らし寿司の具にすると食感が楽しくなります。薄焼き卵に包んで、ふくさ寿司にしてもいいですね。
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.