印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

枝豆とジャガイモのふわとろパンケーキ

調理時間
20分

枝豆とジャガイモは胃腸を元気にして、消化を助けてくれる食材です。栄養たっぷりで、明日のための元気が出るメニューです。

枝豆とジャガイモのふわとろパンケーキ
材料  ( 2 人分

枝豆

200g

2個

牛乳

100ml

ケチャップ

(お好みで)適量

下準備

  • 枝豆とジャガイモのふわとろパンケーキの下準備1

    枝豆はさっと水洗いして塩をまぶし、熱湯で6~7分ゆでてザルに上げ、粗熱が取れたらサヤから出し、薄皮もむく。フードプロセッサーにかけてペースト状にする。

  • ジャガイモは皮をむき、ラップでふんわり包む。電子レンジで1~2分加熱する。上下を返してさらに1~2分加熱し、竹串がスッと刺さったらボウルに入れ、熱いうちにマッシャーでつぶす。(ヒント)電子レンジは600Wを使用しています。

  • スライスチーズは1cm角に切る。

作り方

  1. 枝豆とジャガイモのふわとろパンケーキの作り方1
    1

    ボウルに卵を割ってほぐし、牛乳、枝豆、ジャガイモ、スライスチーズを混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。

  2. 枝豆とジャガイモのふわとろパンケーキの作り方2
    2

    フライパンにオリーブ油を入れて強火にかけ、(1)を流し込み、焼き色がついたらひっくり返して両面を焼く。器に移し、ケチャップを添える。※中まで火が通りすぎないよう、両面に焼き目がついたら火からおろす。(ヒント)出かける前に下準備を済ませておくと便利です。

このレシピのポイント・コツ

・[枝豆]胃腸を丈夫にして、消化を促進してくれる食材です。利尿効果もあります。薄皮を取ってペースト状にすることで、消化が良くなります。枝豆には大豆にはないビタミンCが含まれており、シミやソバカスを防ぐ働きがあるため、夏にぴったりの食材といえます。
・[ジャガイモ]胃腸の働きを助け、“気”を補います。ジャガイモにもビタミンCが豊富です。
・[卵]体に必要な体内水分・栄養成分を補い、乾燥状態を潤します。生卵やゆで卵より半熟のほうが消化がよいので、夜遅く食べるときは熱の通しすぎに注意。
枝豆とジャガイモのふわとろパンケーキのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.