印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

イチゴシュークリーム

調理時間
1時間30分
カロリー
379 Kcal

アーモンドダイスをのせた香ばしくてサクサク食感のシュークリーム。お好みのフルーツをはさんでどうぞ!

イチゴシュークリーム
材料  ( 作りやすい量

<シュー生地>

  

バター

60g
  

グラニュー糖

ひとつまみ
  

ひとつまみ
  

牛乳

50ml
  

50ml
  

薄力粉

70g
  

溶き卵

2個分

<レンジカスタード>

  

卵黄

3個分
  

グラニュー糖

大さじ2.5
  

牛乳

180ml
  

バター

10g

<ホイップクリーム>

  

粉糖

大さじ2
  

キルシュ

小さじ1

イチゴ

8~16粒

下準備

  • イチゴシュークリームの下準備1

    <レンジカスタード>を作る。1. 耐熱ボウルに卵黄、グラニュー糖を加え、泡立て器で白っぽくふんわりとなるまでよく混ぜ合わせる。コーンスターチ、牛乳を加えてさらにしっかり混ぜ合わせる。2. ラップをかけずに電子レンジで4~5分加熱し、しっかり混ぜ合わせて全体になめらかにする。カスタードが熱い間にバターを加えて混ぜ、バニラエッセンスを加えてさらによく混ぜ合わせる。3. バットに移して平らにし、表面にぴったりとラップを貼り付ける。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。冷たくなればスプーン等でよく混ぜ合わせて絞り袋に入れる(かたい場合は牛乳や生クリーム等を加えて調節して下さい)。冷蔵庫で冷やしておく。

    電子レンジの加熱時間は、混ぜ合わせてなめらかなクリーム状になるまで加減して下さい。混ぜてから再加熱してもOKですので、加熱時間は短めで、何回かに分けながら加熱して下さい。

  • イチゴシュークリームの下準備2

    <ホイップクリーム>の材料を混ぜ合わせる。ボウルの底を氷水につけながら、しっかりホイップして絞り袋に入れ、冷蔵庫で冷やしておく。

  • イチゴはきれいに水洗いして水気を拭き取り、ヘタを切り落として食べやすい大きさに切る。キッチンペーパーに並べ、余分な水分をきる。

  • オーブンを200℃に予熱する。

作り方

  1. イチゴシュークリームの作り方1
    1

    <シュー生地>を作る。薄力粉は網で振るっておく。鍋にバター、グラニュー糖、塩、牛乳、水を入れ、混ぜながら一度煮たてる。火からおろし、振るった薄力粉を一気に加え、力を入れながら手早く生地がまとまるまで木ベラで練る。

  2. イチゴシュークリームの作り方2
    2

    溶き卵を少しずつ加えながら、かたさを加減しつつ弱火にかけ、余分な水分を飛ばしながらよく練る。木ベラを持ち上げ、生地がひとタイミングおいてボトッと落ち、木ベラに三角に生地が残る位のかたさに仕上げる(残った卵液は後で使います)。

  3. イチゴシュークリームの作り方3
    3

    絞り袋に口金をセットして(2)の生地を入れ、天板にオーブンシートを敷いて6~8個に丸く絞り出す。

    小さなシューにする場合は、個数を増やしてください。

  4. イチゴシュークリームの作り方4
    4

    残った卵液に水を少量加えて(3)の表面にぬり、シューのてっぺんをフォークで軽く押さえ、アーモンドダイスをのせる。霧吹きを4~5回する。

  5. イチゴシュークリームの作り方5
    5

    200℃に予熱しておいたオーブンで25~30分、その後、170℃に下げて10分焼く。全体にキツネ色になり、表面に割れ目が出来たら取り出し、ケーキクーラにのせて冷ます。

  6. イチゴシュークリームの作り方6
    6

    シューを横に切ってカスタードクリームを絞り、イチゴをのせてホイップクリームを絞る。切った上部分のシューをかぶせ、分量外の粉砂糖を振る。

このレシピのポイント・コツ

・電子レンジは600Wを使用しています。
・イチゴの代わりに他のフルーツをのせても。小豆あんと白玉団子を入れたり、ホイップクリームに抹茶やインスタントコーヒーを混ぜ込んだりと、いろんなアレンジが楽しめます。粉砂糖の代わりに溶かしたチョコレートをかけてもいいですね。
イチゴシュークリームのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.