印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

旬野菜のバーニャカウダ

調理時間
15分

まるで食卓に小さな畑ができたよう!?旬の野菜をゆっくり噛んで食感と素材を味わうと、満足感がアップします。

旬野菜のバーニャカウダ
材料  ( 2 人分

紅菜苔

(紅菜花)4~6本

ニンジン

(ミニキャロット)4本

<ディップ>

  

ニンニク

3片
  

牛乳

150ml
  

アンチョビ

3~4枚

下準備

  • 旬野菜のバーニャカウダの下準備1

    紅菜苔は大きくかたい葉を取り除き、水洗いして長さ10cm程に切る。スティックセニョールは長さを半分に切り、分量外の塩を入れた熱湯でサッとゆで、ザルに上げて水気をきる。

  • 旬野菜のバーニャカウダの下準備2

    ニンジンとラディッシュは葉をつけたままきれいに洗い、水気を取る。ニンジンの葉が長い場合は3~4cm残して切り落とす。ニンニクは皮をむいて縦半分に切り、芽を取り除く。

作り方

  1. 旬野菜のバーニャカウダの作り方1
    1

    <ディップ>を作る。小鍋にニンニクと牛乳を入れ、弱火でニンニクがやわらかくなるまで10~15分程加熱する。ニンニクを取り出し、ペースト状になるまで細かく刻む。アンチョビを加えて、さらに刻む。

  2. 旬野菜のバーニャカウダの作り方2
    2

    (1)とEVオリーブ油を混ぜ合わせ、固形燃料等で温められる器に入れる。下準備した野菜を別の器に盛り合わせる。

このレシピのポイント・コツ

・紅菜苔は、見た目は菜の花のようですが、苦みやクセが少なく生でもおいしく食べられます。サクサクとした食感がよいです。生で食べる場合は、小ぶりのものを選ぶと柔らくてよいでしょう。ゆでると少しぬめりが出て、お浸しなどにもおすすめです。
旬野菜のバーニャカウダのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.