1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. サバまん・焼き鶏まんのレシピ・作り方

サバまん・焼き鶏まん

みそ味が香ばしい、これぞおかずまん!インパクトあり。鶏もも肉と砂肝、白ネギの相性もGOOD。山椒の風味が素敵。

サバまん・焼き鶏まん
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 8 〜 10 個分

<サバまんの種>

  サバ(切り身)1切れ
  シシトウ4~5本
  塩コショウ少々
  サラダ油少々

<合わせみそ>

  みそ100g
  小さじ2
  みりん小さじ2
  砂糖大さじ1

<焼き鶏まんの種>

  鶏もも肉1/2枚
  砂肝8~10個
  白ネギ3cm長さ4~5個
  塩コショウ少々
  粉山椒適量
  サラダ油適量

<合わせダレ>

  小さじ2
  みりん大さじ1
  砂糖大さじ1
  しょうゆ大さじ2
山椒の実12~15粒

下準備

  • 蒸しまんの生地を作る前に<サバまん>のサバをみそ漬けにして、<焼き鶏まん>を<合わせダレ>につける。蒸しまんの生地を発酵させている間に、<サバまんの種>と<焼き鶏まんの種>を準備します。

  • <サバの種>の<合わせみそ>をよく混ぜ合わせ、ラップに半量を広げる。骨を取って4つに切ったサバを並べて、残りの<合わせみそ>をサバに塗り、しっかり包んで15~20分置いておく。シシトウは水洗いし、軸を切り落として長さを半分に切る。

  • <焼き鶏まんの種>の鶏もも肉は身の厚い部分は包丁でついて8~10切れに切り<合わせダレ>につける。砂肝は半分に切る。

  • グリルを予熱する。ここでは両面焼きグリルを使っています。

  • 蒸し器を強火にかけ、しっかり蒸気が出ている状態にして、金属製の蓋には布巾を掛け、水滴が蒸しまんに落ちないようにする。

作り方

  1. 1

    <サバまんの種>を作る。グリル焼き網に薄くサラダ油を塗り、まわりのみそをこそげとったサバを、盛り付けた時に上になる側を上にして並べ、弱火で6~7分焼く。※焦げるようならアルミホイルで包んで蒸し焼きにして中まで火を通してから表面に焼き色をつけてください。

  2. 2

    フライパンにサラダ油を強火で熱し、シシトウを色が鮮やかになるまで炒め、塩コショウを振る。

  3. 3

    <焼き鶏まんの種>を作る。フライパンに薄く油を敷いて白ネギを入れて焼き色がついたら取り出す。次に砂肝を焼き、全体に焼き色がついたら取り出して、塩コショウを振り掛ける。

  4. 4

    フライパンにサラダ油を薄く敷き、<合わせダレ>を切った鶏もも肉を並べ、全体に美味しそうな焼き色がついたら、<合わせダレ>大さじ1を加え、からめて粉山椒を振り掛ける。

  5. 5

    ベンチタイムをとった蒸しまん生地を、生地の中心を少し厚めに手で丸く伸ばして、生地の中央に1と2の種の1/4量をのせ、ひだを作るように4~5個包む。ひとまわり大きく切ったクッキングシートにヒダを上にして1個ずつのせる。

  6. 6

    同様に3と4の種の1/4量をのせ、形を整えながら4~5個包む。ひとまわり大きく切ったクッキングシートにとじ目を下にして1個ずつのせ、山椒の実を3粒ずつのせて、しっかり蒸気の上がった蒸し器にそれぞれ間隔をおいて並べ入れ、8分蒸して出来上がり。※中の種が焼き鶏なので、蒸し上がった焼き鶏まんに串を刺してもいいですね!

リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

「基本の蒸しまん生地」を使ったその他のレシピ

もっと見る

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.