印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

おさるパン

調理時間
30分 +発酵・焼く時間

来年の干支は申年!見て楽しい、食べてもおいしい干支のパンでお祝いしましょう♪

おさるパン
材料  ( 4 個分

小さじ1/3

牛乳

110ml

<上生地>

  

溶き卵

26g
  

ココアパウダー

小さじ1

チョコペン

(黒・白)適量

下準備

  • おさるパンの下準備1

    牛乳を人肌程度に温める。無塩バターを室温にもどしておく。<上生地>のアーモンドパウダーとココアパウダーを合わせて振るう。

作り方

  1. おさるパンの作り方1
    1

    ボウルに強力粉を入れ、インスタントドライイーストを真ん中におく。ハチミツ、塩を端におき、温めた牛乳をかけてカードでひとまとまりになるまで混ぜる。

  2. おさるパンの作り方2
    2

    ひとまとまりになったら、無塩バターを加え、生地を台の上に出してこねる。表面がなめらかになったら温かいところに置いて約2倍に膨らむまで待つ(30~40分)。

  3. おさるパンの作り方3
    3

    <上生地>を作る。無塩バターにグラニュー糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。溶き卵を少しず加えながら混ぜ、アーモンドパウダー、ココアパウダーを振るいながら加え、さらに混ぜ合わせ、絞り袋に入れる。

  4. おさるパンの作り方4
    4

    指に分量外の強力粉をつけて(2)に穴をあけ、そのままの穴が残るか確認をする(フィンガーテスト)。ガス抜きをして30gの生地を4つ(顔の部分)、残りの生地を8等分(耳の部分)に分割し、丸めなおしてベンチタイム10分。

  5. おさるパンの作り方5
    5

    成形する。とじ目を下にしてまんべんなくガスを抜き、丸める。30gの生地を顔に見立て、左右に残りの生地を2つずつ並べる。

  6. おさるパンの作り方6
    6

    天板にのせて温かいところにおき、ひとまわり生地が大きくなるまで二次発酵させる(20~30分)。オーブンを190℃に予熱しておく。

  7. おさるパンの作り方7
    7

    耳の部分に絞り袋に入れた<上生地>を丸く絞りだし、予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。

  8. 8

    粗熱が取れたら、顔の生地にチョコペンでおさるの顔を描く。

    天板から取る際は、顔と耳の部分が外れないように注意してください。今回はスプリンクルもデコレーションに使っています。

このレシピのポイント・コツ

・ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。
おさるパンのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.