1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 干しシイタケのグラタンのレシピ・作り方

干しシイタケのグラタン

干しシイタケのグラタン
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 4 人分

干しシイタケ(香信)3~4枚
もどし汁(シイタケ)100~120ml

<シイタケの下味>

  大1
  砂糖大1
  しょうゆ大1
長芋または 山芋400~500g
白ネギ1本
細ネギ3~4本
卵黄2個分

<調味料>

  小2
  みりん小2
  小1/2
  しょうゆ大1

<かけダレ>

  レモン汁大1.5
  しょうゆ大1.5

作り方

  1. 1

    干しシイタケは2~3時間つけて柔らかく戻し、軽く絞り軸を切り落とし、戻し汁は網を通す。戻したシイタケは軸を切り落とし笠を半分に切って細切りにし、鍋に戻し汁と入れ中火にかける。煮立てば少し火を弱め、アクをとりながら5~6分煮て<シイタケの下味>を加え、煮汁がほとんどなくなるまで煮含めザルに上げ冷ます。

  2. 2

    ウナギ蒲焼きは頭と尾先を切り落とし縦半分に切り更に2~3cmの大きさに切る。長芋又は山芋は皮をむき、すりおろす。白ネギは根元側から縦に切り込みを入れ粗いみじん切りにし、細ネギは小口切りにする。

  3. 3

    耐熱容器に薄くバターを塗り、<かけダレ>を合わせる。オーブンを220℃、15分に熱しておく。

  4. 4

    ボウルに1のシイタケ、白ネギ、細ネギを半量、長芋又は山芋を入れ、よく混ぜ合わせ、<調味料>、卵を加え、更によく混ぜ合わせ、最後にウナギの蒲焼きを加えサックリ合わせる。

  5. 5

    耐熱容器に4を1/4量づつ入れ、220℃のオーブンに入れ、表面に焼き色がつくまで15分位焼く。焼き時間は表面の様子を見ながら、加減して下さい。焼き上がれば、オーブンから取り出し、残りの細ネギ、を散らせ、<かけダレ>をかけていただきます。

リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.