印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

イチゴのタルトレット

調理時間
-

カスタードクリームとたっぷりのイチゴの相性が素敵なひとくちサイズのかわい~いタルト。ティータイムに。

イチゴのタルトレット
材料  ( 材料直径6.5cmのタルト型 5 〜 6 個分

<タルト生地>

  

粉糖

20g
  

全卵

10g
  

薄力粉

50g

<カスタードクリーム>

  

牛乳

100ml
  

卵黄

1個
  

薄力粉

5g
  

バター

8g

<アーモンドクリーム>

  

バター

40g
  

粉糖

40g
  

全卵

40g

<シロップ>

  

20g
  

キルシュ

適量

イチゴ

1パック

ピスタチオ

(刻み)適量

粉糖

適量

ナパージュ

(あれば)適量

下準備

  • バター、卵は室温に戻す

  • アーモンドプードルと薄力粉はそれぞれ振るっておく

  • <シロップ>を作る。小鍋に水とグラニュー糖を入れて沸騰させ、冷めたらキルシュを加えておく

作り方

  1. イチゴのタルトレットの作り方1
    1

    <タルト生地>を作る。室温に戻したバターをボウルに入れクリーム状になるまで混ぜ、粉砂糖を加えすり混ぜる。

  2. イチゴのタルトレットの作り方2
    2

    卵をよくほぐし、2~3回に分けて入れ、よく混ぜる。

  3. イチゴのタルトレットの作り方3
    3

    アーモンドプードルを加え混ぜ、薄力粉を加えゴムベラでさっくり混ぜる。きちんと混ざったら、ひとまとまりにしてラップフィルムで包み冷蔵庫で3時間程休ませる。

  4. イチゴのタルトレットの作り方4
    4

    <アーモンドクリーム>を作る。室温に戻したバターをボウルに入れ、クリーム状になるまで混ぜ、粉砂糖を加えすり混ぜる。卵をよくほぐし、2~3回に分けて入れ、よく混ぜる。

  5. イチゴのタルトレットの作り方5
    5

    アーモンドプードルを加えて混ぜ、冷蔵庫で少し休める

  6. イチゴのタルトレットの作り方6
    6

    <カスタードクリーム>を作る。牛乳を鍋に入れ、バニラビーンズのサヤはナイフで縦半分に切り、ビーンズをしごき出し、サヤと一緒に牛乳の中に入れ、中火にかける。卵黄はボウルに入れてほぐし、グラニュー糖を加え白っぽくなるまで泡立て器ですり混ぜる。

  7. イチゴのタルトレットの作り方7
    7

    振るっておいた粉類を加え軽く混ぜ合わせて、6の牛乳が沸騰直前になったら少しずつ加え、泡立て器ですばやく混ぜる。

  8. イチゴのタルトレットの作り方8
    8

    7をこしながら鍋に戻し入れ、再び中火にかけ、絶えず泡立て器で混ぜ、鍋底からフツフツ沸騰して完全に火が入ったら火から外し、バターを加えて混ぜる。バットに移し広げて表面にぴったりラップフィルムを掛け、底を氷水にあてて冷やす。

  9. イチゴのタルトレットの作り方9
    9

    3の冷やしておいた<タルト生地>を冷蔵庫から出して、台に打ち粉をし、生地を麺棒で2~3mmの厚さにのばす。型よりひとまわり大きい抜き型で生地を5~6枚抜く。タルト型に生地を敷き、全体にフォークでピケ(空気穴を開ける)して、生地を冷蔵庫で約30分休ませる。

  10. イチゴのタルトレットの作り方10
    10

    丸口金をつけた絞り袋に5の<アーモンドクリーム>を詰め、9のタルト生地の上に渦巻状に絞り出す。(約20g)170℃のオーブンで30~40分焼き、冷めたら表面に<シロップ>を刷毛で塗る。<カスタードクリーム>を焼いたタルトの表面に薄く絞り出す。イチゴを飾り、お好みで粉砂糖、刻みピスタチオを振る。ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。目安として小型の電気オーブンの場合、レシピより10~20℃高い設定にして下さい。※今回は光沢を出すために、ナパージュ(製菓用のジャム)をイチゴに塗っています。薄い寒天液を塗っても同じ効果が得られます。

イチゴのタルトレットのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.