印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

桜あんぱん

調理時間
-

今回は可愛く小さめのあんぱんを作ってみましょう。中心に桜の花をギュッと押し込んで。ちょっとしたおやつに。

桜あんぱん
材料  ( 6 個分

2g(小さじ1/3)

ドライイースト

2.5g(小さじ1/2強)

溶き卵

(ぬる用)適量

下準備

  • 桜あんぱんの下準備1

    桜の花の塩漬けは、水に浸けて塩分を抜いておく

  • バターは室温にもどしておく

作り方

  1. 桜あんぱんの作り方1
    1

    ボウルに強力粉を入れ、砂糖、塩、イーストをそれぞれ分けて置き、全卵は粉の真ん中にくぼみを空けて入れる。イーストに向かってぬるま湯を注ぐ。

  2. 桜あんぱんの作り方2
    2

    木ベラで手早く混ぜ、まとまったら台に取り出して、少しこねて粉気をなくす。(手ごねなら4~5分)

  3. 桜あんぱんの作り方3
    3

    室温で柔らかくしたバターをちぎっておき、擦り込むようにこねる。(最初は手の平を使ってこねると、油分が生地に入っていきやすくなります)

  4. 桜あんぱんの作り方4
    4

    生地が台から離れまとまってきたら、生地を台にたたきつけて伸ばし、丸め、、を続けながらこねる。

  5. 桜あんぱんの作り方5
    5

    生地の一部をたぐってのばし、グルテン膜ができて向こう側が透けて見えるくらいになったらこね上がり。(こねる時間は約10分)最後に内側へ向かって左右2回ずつこねて水分を調整する。(水分を調整できた後の生地は、少し柔らかくなります)こねあがった生地は、水分が生地全体に行きわたり、ふんわりとしている状態が理想です。手でたぐって、薄くグルテンの膜ができても生地にうまく水分が行き渡っていない場合があります。そこで、最後にそれを補うために、内側に向かって左右にこねてあげます。そうすることによって、たとえこねている時に上手に水分が行きわたっていなくても、ここで調整することができ、ふんわりとした、よい生地になります。

  6. 桜あんぱんの作り方6
    6

    表面を丸くなめらかに生地をまとめ、とじめを下にしてボウルに入れ、ラップをして生地が2.5倍にふくれるまで一次発酵させる。(30℃、30~40分)

  7. 桜あんぱんの作り方7
    7

    指に粉をつけて生地に挿し、生地が戻ってこなければ一次発酵終了。手で生地を押してガスを抜く。カード等で6分割する。

  8. 桜あんぱんの作り方8
    8

    分割によって痛めた生地をなめらかにする為、丸め直す。手をクマデのようにして、円を描くように4~5回転がして丸くする。

  9. 桜あんぱんの作り方9
    9

    固く絞ったぬれ布巾をかけて生地を休ませる。(ベンチタイム、15~20分)

  10. 桜あんぱんの作り方10
    10

    ベンチタイムの間にあんの準備をする。1個あたり35gに丸め、乾燥しないようにラップをかぶせておく。今回はこしあんを使っていますが、粒あんでもOK。あんの量は生地:あん=1:1が基本ですが、好みで増減も可能。増減の幅は5g程度が適当です。

  11. 桜あんぱんの作り方11
    11

    生地を伸ばす。下になっていた方を上にして手で平たく伸ばす。更に麺棒で丸く伸ばす。中心を少し厚めに、周囲は少し薄めに伸ばす。(成形の間も生地が乾かないように、ぬれ布巾をかぶせておく)

  12. 桜あんぱんの作り方12
    12

    あんを包む。包み終わりを中華まんじゅうのようにつまんでしっかり閉じる。

  13. 桜あんぱんの作り方13
    13

    オーブンシートを敷いた天板に、とじめを下にして置き、手に軽く粉をつけて上から軽く押さえる。

  14. 桜あんぱんの作り方14
    14

    固く絞ったぬれ布巾をかけて最終発酵させる。(30℃、20~25分)

  15. 桜あんぱんの作り方15
    15

    指に粉をつけて生地のめだたない所を軽く押し、生地が戻ってこなければ最終発酵終了。

  16. 桜あんぱんの作り方16
    16

    溶き卵を薄くまんべんなく塗る。塩抜きした桜の花の水気を絞り、パンの真ん中に一番下まで押し入れる。

  17. 桜あんぱんの作り方17
    17

    200℃に予熱したオーブンに入れ、12分焼く。

桜あんぱんのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.