印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

鮎の塩焼き

調理時間
25分
カロリー
117 Kcal
鮎の塩焼き
材料  ( 4 人分

アユ

4尾

適量

下準備

  • 鮎の塩焼きの下準備1

    鮎は包丁の先で軽くしごく様にヌメリとウロコをこそげ、サッと水で洗い、水気を拭き取っておく。

  • 鮎の塩焼きの下準備2

    口から長めの竹串を刺し、裏側の腹の中程にに串を出し、表側に串を見せない様にして尾の上へ、と縫う様にして串をうつ。

  • オーブンを220℃12分に予熱しておく。

作り方

  1. 鮎の塩焼きの作り方1
    1

    串をうった鮎は、ヒレと尾に多めの塩(化粧塩)をし、全体にもまんべんなく軽く塩を振っておく。

    化粧塩は焼き上がりを美しく見せる他に、ヒレや尾が焦げるのを防ぐ効果があります。

  2. 鮎の塩焼きの作り方2
    2

    220℃のオーブンに入れ、約12分焼き上げる。熱いうちに串を回しておき、少し冷めてから、串を抜く。

このレシピのポイント・コツ

・手に入れば、タデの葉を一緒に盛り付けると、目でも夏を味わえますね。そしてやっぱり鮎にはタデ酢。
・タデの葉1束分をちぎってすり鉢ですりつぶし、ご飯大さじ1を加えよく混ぜ合わせ、酢100mlを加え更によく混ぜ合わせる。市販品では瓶に入って売っていますよ。
・オリーブ油をかけるのも意外にいけます。少し酸味も欲しいなあという方はオリーブ油とバルサミコ酢を少々かけるのも美味しいです。
鮎の塩焼きのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.