印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

リンゴのタルト

調理時間
-

パイ生地のようにサクッと軽いタルト生地にリンゴがたっぷり。リンゴの酸味が絶妙でとても上品な味。

リンゴのタルト
材料  ( 直径16cm 1 個分

<タルト生地>

  

薄力粉

150g
  

冷水

22g
  

卵黄

15g

リンゴ

(紅玉)1個

無塩発酵バター

(上澄み)適量

粉糖

(溶けないタイプ)適量

下準備

  • 薄力粉は2~3回振るって冷蔵庫で冷やしておく

  • <タルト生地>の無塩発酵バターは1cm角にカットし、冷蔵庫で冷やしておく

  • 冷水にフルール・ド・セルを入れてよく混ぜ溶かし、卵黄を混ぜ冷蔵庫で冷やしておく

  • オーブンを185℃に予熱する

作り方

  1. リンゴのタルトの作り方1
    1

    <タルト生地>を作る。フードプロセッサーによく冷やした薄力粉、無塩発酵バターを入れ30秒程撹拌する。バターの粒が米粒ぐらいになったら合わせた冷水を加え、更に30秒ほど撹拌する。ある程度混ざったら取り出してひとまとめにし、ラップをして冷蔵庫で最低1時間は寝かせる。

  2. リンゴのタルトの作り方2
    2

    <タルト生地>を厚さ3mm、直径16cmの大きさに麺棒で伸ばして冷蔵庫で少し休ませる。

  3. リンゴのタルトの作り方3
    3

    リンゴは芯を取り、皮をむく。スライサーを使って薄い輪切りにする。

  4. リンゴのタルトの作り方4
    4

    2の上にリンゴをずらしながら1周並べる。上に澄まし無塩発酵バターを塗り、バニラシュガーをたっぷり振り掛ける。185℃に予熱しておいたオーブンで50~60分程焼く。※澄ましバターとはバターを湯せんにかけて溶かして得られる、上澄みのことを指します。※バニラシュガーがない場合は、グラニュー糖にバニラビーンズの粒を混ぜ合わせ、フードプロセッサーで撹拌してもOKです。※ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。目安として小型の電気オーブンの場合、レシピより10~20℃高い設定にして下さい。

  5. リンゴのタルトの作り方5
    5

    焼き上がったら表面に温めたアプリコットナパージュを塗り、周りに粉糖を振り掛ける。

リンゴのタルトのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.