印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

ほうれん草ぱん

調理時間
-

ほうれん草の緑色がきれい。野菜本来の甘みや香りを楽しんで。

ほうれん草ぱん
材料  ( 6 個分

砂糖

小さじ2

小さじ1/2

ホウレン草

(ゆでて水気を絞ったもの)50g

<成形用>

  

無塩バター

適量

下準備

  • 無塩バターは室温にもどしておく。

  • ホウレン草を分量のぬるま湯とミキサーにかけ、ホウレン草ペーストを作る。計量カップではかり、140mlに満たない場合はぬるま湯を足して140mlにする。

作り方

  1. ほうれん草ぱんの作り方1
    1

    <ボウルに粉類を入れる>ボウルに強力粉を入れ、真ん中にインスタントドライイーストと砂糖、端に塩を入れる。

  2. ほうれん草ぱんの作り方2
    2

    <ホウレン草ペーストを加える>ホウレン草ペーストの1/3量を粉の真ん中に注ぎ入れ、インスタントドライイーストと砂糖をよく溶かす。

  3. ほうれん草ぱんの作り方3
    3

    <全体を混ぜる>残りのホウレン草ペーストを加え、まわりの粉を崩すようにして全体を混ぜる。

  4. ほうれん草ぱんの作り方4
    4

    <バターを加える>生地がひとまとまりになったら室温にもどした無塩バターを加え、手で生地をつかむようにして混ぜる。

  5. ほうれん草ぱんの作り方5
    5

    <生地をこねる>生地を台に出し、手のひらの付け根で生地を台にこすりつけるようにこねる。台についた生地を時々カードで集めながら、生地が均一になるまでしっかりとこねる

  6. ほうれん草ぱんの作り方6
    6

    <こね上がり>生地が手につかなくなり、表面がなめらかになればこね上がり。

  7. ほうれん草ぱんの作り方7
    7

    <ボウルに入れる>生地の表面に張りをもたせるように両手で上から下へと丸め込み、とじ目を下にしてボウルに入れる。

  8. ほうれん草ぱんの作り方8
    8

    <一次発酵>ボウルにラップをかけ、30℃くらいの温かいところに40~50分おく。

  9. ほうれん草ぱんの作り方9
    9

    <フィンガーテスト>生地が2倍くらいの大きさに膨らんだら、生地に粉を付けた指を入れて抜く。あいた穴がふさがらなければ一次発酵は完了。穴がふさがってしまう場合は発酵不足なので発酵時間を延長する。

  10. ほうれん草ぱんの作り方10
    10

    <ガス抜き>生地を台に出し、手で軽く3~4回たたいてガス抜きをする。

  11. ほうれん草ぱんの作り方11
    11

    <分割>カードで6等分にする。引きちぎると生地が傷むのでカードで上からスパッと断ち切るようにする。

  12. ほうれん草ぱんの作り方12
    12

    <ベンチタイム>生地を丸め直し、かたく絞ったぬれ布巾をかけて室温で10分ほど休ませる。生地を休ませることで、生地がゆるんで成形しやすくなる。

  13. ほうれん草ぱんの作り方13
    13

    <成形>とじ目を上に向け、めん棒で縦15cm×横10cmの楕円にのばす。表面にバターをぬり、2つ折りにする。バターをぬることで生地がはがれやすくなり、具を挟むポケットができる。

  14. ほうれん草ぱんの作り方14
    14

    <二次発酵>オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べ、かたく絞ったぬれ布巾をかける。30℃くらいの温かいところに30分ほどおく。

  15. ほうれん草ぱんの作り方15
    15

    <焼く>生地が2倍くらいの大きさに膨らんだら、180℃に予熱しておいたオーブンに入れ、全体に焼き色がつくまで13分ほど焼く。

  16. ほうれん草ぱんの作り方16
    16

    <冷ます>焼き上がったら、ケーキクーラーにのせ、粗熱を取る。

  17. ほうれん草ぱんの作り方17
    17

    <具をはさむ>お好みの具をはさんで仕上げる。

このレシピのポイント・コツ

・お好みの具…今回はツナマヨ、紫玉ネギ、グリーンリーフ、プチトマト、ブラックオリーブを使用しました
ほうれん草ぱんのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.