石橋阪大前の居酒屋「旬彩居酒屋ふくろう」

2019年11月10日


石橋阪大前駅西口側、石橋商店街サンロードの「松屋」「べラジオ」を過ぎて、左手の細い路地を入る。用水路に沿って歩いた先に明かりが灯る。
「旬彩居酒屋ふくろう」にやってきた。



店内は、カウンター4席に4人掛けテーブル席が4つ。
付きだしから。ここの付きだし好きなんだよね~今回は、旬な黒枝豆に、あじの南蛮漬け、つぶ貝・鯛の子・・・あと、これは四方竹、その名の通り四角い竹ですな。



刺身はおまかせ盛り(1500円~)を発注。ここのお造りも毎回華やかで、美味しいんだよね。今回は、アルゼンチン赤エビ(お頭は焼きで)、ノルウェーサーモン、はも湯引き、真鯛、しまあじ、あおりいか、中トロに太刀魚という豪華ラインナップ。



そして、本山葵をすりおろしで。お造りとして食べるもよし、ご飯と海苔も出てくるので、手巻き寿司として食べるもよし。中トロが滑らかなのはもちろんのこと、赤エビが濃厚でウメー




お酒もらっちゃおうかな。定番ものがいくつかあるんだけど、それとは別に個別に入手している地酒もいくつかあるんだよね。鈴鹿の清水清三郎商店から「作(ざく)」をいただこう。お米の香りがふわっと華やかなんだけど、すっきりときれのいい旨い酒。



お野菜食べたいな。旬野菜のフレッシュサラダ(700円)を・・・同じサラダメニューに、チーズと旬野菜盛り(700円)があるんだけど、どっち頼んでも同じものが出てきそうな気がする(笑)・・・ポテトサラダ(400円)も注文していたので、これもワンプレートに盛られてでてきた。パパイヤのドライフルーツも美味しいよん。



天ぷら盛り。えび、茗荷、ピーマン、ベビーコーンに・・・お、松茸ですな。ふかっとした衣がからりと揚がってグー。松茸の柄ウメー



どうしようかな、焼物もちょっと食べたいんだけど・・・もう片付け始めるくらいの勢いだったのか・・・ご主人が、「さっき焼いたのがあるからサービスで出したげるわ」・・・そういうことあるのね。シマアジの頭だ、これがまた素晴らしい塩加減で、お酒がお酒が進む君。



シマアジの頭だけでも有難いのに、
「ちょっとだけ残ってるねんけど食べる?」と出してもらったのは、え?鯛めしじゃん!しかも、with松茸。どんなけ贅沢やねん。そら美味いっちゅうねん。



うー食べた食べた。こだわり食材とご主人の気さくな感じがいいんだよね~
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:旬彩居酒屋 ふくろう
場所:池田市石橋1-9-7
時間:18:00~22:00 日祝休
電話:072-761-6670
次の食レポは「今泉「GRANDMIRAGE WHOLE NOTE CAFE」4回目」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ