元祖鴨南ばん本家で鴨せいろ@湘南台

2019年11月5日


昨日は茅ヶ崎サザン芸術花火2019だった。
どうせ茅ヶ崎に行くなら湘南台にある中学時代同輩の「元祖鴨南ばん本家」でお昼にしない?とのことで2年半ぶりに訪問した。

暖簾をくぐり、あらよっ!と入店するとほぼ満席だったが、すでに連絡をしていたので最高の席を用意してくれていた。
店主と会うのも久しぶりだったが変わらず元気そうでよかった。

きょうは待ちに待った花火だ。こりゃひとつ景気づけにいっぱいやろうと言うことでビールで乾杯した。
三人で会うのは4ヶ月ぶりだった。



さてと。つまみは何にしようか。



そば味噌はお通しかな、と思われた。んー。本来ならば日本酒かな?とも思ったが夜の行事が残っていたのでじっと我慢のおばちゃんだった。



そしてこちらが そば豆腐。



天ぷら盛り合わせを注文。



そして鴨わさ。



そしてこれが揚げ蕎麦がき。



香ばしくて中はふんわりもちっとしていい感じだ。

そして定番の玉子焼き。



そして、本鴨の陶板焼きだ。



すき焼き風の味付けだった。

そして締めは鴨せいろ。



お蕎麦がいい感じだ。



それでは着麺。いただきます!
暖かい鴨つゆに蕎麦をくぐらせて。



んー、う、うまいっ!優しい味わいの鴨つゆに繊細な蕎麦が絡む。旦那さん作の鴨つゆと息子さん作の蕎麦だ。

江戸時代から続く老舗を同輩7代目、息子さん8代目が守り続けている。店は日本橋馬喰町、鞍掛橋のたもとで始まった。
古地図で見ると、両国橋を渡って江戸通りの方向。ピンクのシールが貼ってあるところに店があったという。



最後にそば湯もいただいて。



美味しかったよ。ごちそうさま。



店の外観をパチリ。
また元気なうちに行ってみよう。


サザンビーチでの花火は最高だった。


次の食レポは「Café Dior by Pierre Hermé @GINZA♪」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ