東塩釜の「塩竈市場食堂 只野」

2019年11月7日


先日の宮城は2泊、仙台市内でびっくりするくらい全く宿が取れなくて、結果的に1日目は塩竈市に泊まることになったんだよね。塩釜港が近いJR本塩釜駅すぐそばだったんだけど、明けて次の日、普段よりも早く起きて朝6時にはお隣の駅、東塩釜駅に降り立った。ここから、港に向かっててくてく歩くこと15分ほど。やってきたのは、塩釜水産物仲卸市場だ。



一般人も利用できる仲卸市場で、場内には100店舗ほどあるらしく、新鮮な魚介をはじめ、乾物や日本酒など幅広く色んなものが目に飛び込んでくる。



その市場の端っこに、暖簾のかかる食堂を発見。「塩竈市場食堂 只野」だ。早速、中に入ってみるか。



店内はL字カウンターのみで、10人も入ったら満員御礼だな。
平日の早朝なら朝丼(1000円)がかなりお得だが、この日は残念ながら日曜日。
じゃあ、この塩竈海鮮丼(2000円)というのにしようかな。



丼には、味噌汁・一品・香の物がセットでついてくる。お値段のわりにかなりおゴージャス。この海鮮丼…かずのこ、しゃこ、たまごやき、いくら、サーモン、ほたて、かつお、なかおち、いか、ひらめ、つぶ貝、まぐろ、めかじき、ぼたんえびと、ナント14種も盛りつけてあるじゃないか。スゲー



あ、最初から激ウマ。ひらめの味が濃いな〜ネタが多すぎるので、上から醤油をかけることはせず、刺身を一つ取っては醤油につけて…結果、刺身定食みたいになるわね。でも、ホントどれもが新鮮で味がしっかりしているので、「魚食べてますー」感が半端ない。
小鉢に入っているのはぎばさとろろだ。



秋田が有名かもしれないけど、粘りがすんごい海藻だ。ぎばさは、実は大阪でも食べたことはあるんだけど、このお店では、柚子胡椒な風味付けをして出してくれる。これもまた美味。

いやー港町での海の幸、超満足。ま・・・朝6時半の話で申し訳ないんだけどね。気になる人はぜひ。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:塩竈市場食堂 (塩竈市場食堂 只野)
場所:塩竈市新浜町1-20-74
時間:6:00~13:00(土日祝は~14:00)
水休
電話:022-362-2737
次の食レポは「山田牧場」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ