1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 【上高地ルミエスタホテル】「ラ・リヴィエール」の夕餉

【上高地ルミエスタホテル】「ラ・リヴィエール」の夕餉

2019年8月20日




上高地が素晴らしいシーズンになりました。

上高地は自然の美しさはもちろん、ホテルの魅力も忘れられません。
各ホテルのダイニングもその大きな魅力の一つ。

上高地ルミエスタホテル 「ラ・リヴィエール

とても素敵なダイニング。
そのある日の「夕餉」をご紹介しましょう。



上高地ルミエスタホテルは、梓川沿い、田代橋とウエストン園地にはさまれた場所にあり、
とてもいいロケーション。



母体は歴史ある「清水屋」



今ではフルリニューアルされ、近代的なリゾートホテル。



「ラ・リヴィエール」はこのBARの奥に。



晩餐と呼ぶにはまだ早い時間。
まさに「夕餉」の時間です。



この日のメニュー。



まずはアミューズグール。
『口福のプロローグ』




かぼちゃのムース。



一口サーモンチーズロール、山菜の胡麻ペースト。

山菜の胡麻ペーストは特に「らしかった」



「オマール海老のラヴィオリ仕立て、雪の中で越冬した山形村人参のクーリ」



これが今日のハイライトだったかも。



まさに山海の珍味というか、山の幸、海の幸がマリアージュ。
素材の組み合わせ、調理法、ソース。
フランス料理はかくあるべき。





「国産牛すね肉を72時間じっくりコトコト仕上げたコンソメスープ」

これはなかなか贅沢でした。





「耐熱フィルムで包み焼した桜鯛のポワレ、信州春の香りを添えて」



これはユニークな。
耐熱フィルムというとガンダムの大気圏突入シーンを思いだす(笑)





簡単にできるものではないけど、ちょっと真似したくなった調理法。
しかし程よい感じで仕上がっている。
これはいいなぁ。



「低温でじっくりロゼに焼き上げた特撰国産牛ローストビーフを安曇野産山葵で」



お決まりのコースだとどうしても最後に牛肉となってしまうけれど、
その前にもうハイライトが来てしまっているのでほんのちょっとテンションが高ぶらないのも事実。



とはいつつ美味しいけど(笑)



昼食のフォアグラ丼でもいいアクセントだった山葵。





デザートにつけられた素敵な掲題 『再会の架け橋』

「苺のコンフィチュールとアマンドクリームのガトー、ヴァニラのグラスを添えて」









そして、コーヒー。



カップに描かれているのは河童橋だ。
これは素敵なカップ。





どうですか、ホテルの玄関でも見える天の川。
素晴らしくないですか。


次の食レポは「ラスール オーバカナル」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ