「モヒージョ」で〆。──「和み家 赤羽店 」

2019年8月15日


赤羽呑み4.5軒目(呆)。「日本酒呑んでないねー!」ということで、OK横丁を抜けて1番街方面へ移動。。。なんとなく気分で見つけたのが、「和み家 赤羽店」さんだ。

「黒毛和牛と日本酒居酒屋」という肉々しいお店のようだが、すでに4.5軒目なのでお腹はいっぱい!軽くつまんで呑もう!ということでメニューを眺める。


「日本酒居酒屋」を名乗るだけあって、メニューには各地の地酒が色々!焼酎やサワーも色々揃っている。

「龍神」(群馬・龍神酒造)、「喜久酔」(静岡・青島酒造)をそれぞれにオーダー(共に580円)。





こんな感じで溢れんばかりに豪快に注いでくれる。
受け皿を二枚重ねるよりも、もっと大きな「升」にした方が良いのに・・・と思うのは、単なる酒飲みの発想(笑)。こぼれそうでこぼさないところがまたすごい。動かすとこぼれる=もったいない!ので、自分からお迎えにいく。。。


○お通し



大根(だったかな)と豚肉の煮物。ヒンヤリと冷たくてお酒が進む。


○和牛のモヒージョ(680円)



「モヒージョ」って何よ!!ということでオーダー。何でも「和牛のモツ入りアヒージョ」を和風にアレンジしたお品とのこと。。。
取り分け〜っ!!



「モツ」というよりは、かなりブヨブヨッとしていて脂っこく、シロ(あれは豚か!)に近いようなイメージ。アヒージョという割にはサッパリ感と共にいただけるのは、濃すぎることのないお出汁のせいもあるのかもしれない。「モヒージョ」、ナルホド!こういうお料理もあるのね!!


○鳥皮ポン酢(420円)



とても柔らかくて食べやすい「鳥皮」。ポン酢も強すぎなくてちょうど良い味付け。連れは「上品すぎる!」のだそう(呆)だが、私はこれぐらいの方が好きかも!


○茶豆(290円)



頼んだ記憶がないのに、写真が残っていた(笑)。たぶん連れが頼んだ?これだから酔っ払いは!

この後、「西條鶴」(広島・西條鶴酒造)、「山の壽」(福岡・山の壽酒造)などをいただく。相変わらず豪快に注ぎ入れてくれた。。。


○しょうゆ麹のクリームチーズ(480円)



お店からのサーヴィスということで登場。。。ちと塩加減が強い気もしたが、美味しいお酒のアテの一つ。「塩辛い!」と言いながらも、連れはさらに日本酒をお代わりしていた(呆)。


お会計は6,400円。若干の割高感を感じてしまうのは、他のお安いお店を散々巡ってきたあとだからだろう。やはり赤羽界隈ではサワーか○○ハイで楽しむのが王道の呑み方のようだ。が、日本酒が呑みたい場合はこのようなお店もあるということで。。。アイデア料理の「モヒージョ」には是非トライしてみてほしい。


この後は新宿まで一直線!!9時前にはおうちに到着していた。。。
早いと思ったら、昼過ぎからスタートしていたのだった(呆)。それにしても赤羽呑みは実に奥が深い。


ごちそうさまでした☆



●黒毛和牛と日本酒居酒屋 和み家 赤羽店
東京都北区赤羽1-39-5 ライオンビル明晃館 1F
050-5571-4091
月~木:16:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
金・祝前日:16:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
土:12:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
日・祝日:12:00~22:00(L.O.20:30、ドリンクL.O.21:30)
不定休日あり
50席(掘りごたつ席、カウンター席、ソファー席あり)
Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「金沢(白菊町):鮨 くら竹(Labo 白菊)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ