小淵沢の井筒屋 かめ塩の鰻

2019年8月3日


30年来の友だちがリオ・デ・ジャネイロから八ヶ岳へやってきました。
転勤族ゆえ、仲良しの友は、やっぱり転勤族でいつも遠くに住んでます。
マシンガントーク炸裂のおしゃべり時間だから、雨降りでも全く意に介さず。このところ訪ねてくれる友人たちとは、恒例の赤いルバーブのジャム作りをし、八ヶ岳のお野菜フルコースを楽しみ、清里の紅鱒、甲州牛、八ヶ岳に乳製品、そして名水の里の美味い蕎麦を堪能してもらっています。
もう一つ、忘れてはならないのが小淵沢駅にある老舗の鰻屋、井筒屋の「かめ塩の鰻(R)」、商標登録もされている美味しい鰻の白焼きです。



高級山椒と山の塩だけでふっくら焼いて、幻のお米と呼ばれている、北杜市武川の武川米の上に乗せ、レモンを絞ってあっさりといただく。どんぶりではなくて、瓶に入っているんです。



この店、注文してから備長炭でじっくり焼くので毎回30-40分は席に着いてから待つの。予約していても待ちます。美味しいものをいただくときは悠長に構えないといけないのです。



いつもは、タレの蒲焼きと塩焼きのハーフアンドハーフがあるんですが、繁盛シーズン中はないのね。今日は友とかめ塩の鰻と、蒲焼きの鰻を半分ずつ。
古民家の雨に濡れた緑の庭を眺めながた、口福をいただく。マシンガントークもしばし沈黙。
お腹いっぱいで、帰りのホリデー快速ビュー山梨(土日の臨時列車。特急料金なしのロング特急)で、お昼寝しながら帰路につきました。
Text & Photo by 
YUKKESCRAP
次の食レポは「宇治で抹茶三昧」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ