1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

2019年7月19日


美容室で、「このあたりでランチするならどこがオススメ?」とMさんに尋ねたら、「やっぱりSTARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO(スターバックス リザーブ ロースタリー 東京)でしょ。この時間帯なら整理券もいらないし、なんといっても全国から集められた選りすぐりのスタッフ(パートナー)のホスピタリティーが最高!そして、ウィスキーの風味のするアイスコーヒーが見た目もかっこいいし、ぜひ飲んで欲しい」って。



というわけで、出遅れ感満載ですが2月28日に中目黒の福砂屋工場跡にオープンしたスターバックス リザーブ ロースタリー 東京に行ってきました。



明るい色合いの杉を使った外観は日本を代表する建築家の隈研吾氏。店内は、スターバックスのチーフ デザイン オフィサーであるリズ・ミュラー氏によるもので、天井が高く迫力ある空間にびっくりしました。



提供されるパンやスイーツは日本初出店となるイタリアのベーカリー「プリンチ」がここで作っています。



Mさんが週3回は食べているイチ押しのブリオッシュ サンドイッチ「プロシュート クルード&パルミジャーノ」。甘みのあるブリオッシュに、生ハム、パルミジャーノ、ルッコラをサンドしたサンドイッチ・・・(本音は)コーヒーよりも白ワインが欲しくなるかな。



ここは工場を併設していて、日本市場向けに約60kgの豆袋を1日当たり約30個焙煎するロースター機能を持っています。



随所に日本を意識したデザインが見受けられ、折り紙をモチーフにした天井もそのひとつ。



★とRのロゴがSTARBUCKS RESERVEの証。
世界のロースタリーの中で最も背の高い赤い銅板のキャスクは高さ約17メートル。キャスクの表面には、日本の職人が手作業でひとつひとつ仕上げた桜の花びらが施されていました。





巨大な焙煎機から出てくる焙煎されたばかりの豆が店内にはり巡らされたチューブを通ってパッキングされ、ベルトコンベアーの上を等間隔に流れていく様子はまるでアミューズメントパークのようでした。



開放的なテラス席の眼下には桜並木です。



バレルエイジド コールド ブリューは、バーボンウイスキーの樽の中で熟成させたコーヒー豆をコールド ブリューで抽出したそうで、 甘く芳醇な香りがする大人のコーヒーは、とても贅沢でおいしい。



バレルエイジド コールド ブリューとプロシュート クルード&パルミジャーノ。

ここだけの特別なメニューは100点ほどあるそうです。空間にも複雑なメニューにもすべてに圧倒され何を頼んでいいかわからず、結局はMさんのオススメだけをいただいきました。オン・ザ・ロックのウイスキーのようなコーヒーが素晴らしかったのはもちろんですが、なによりもパートナーさんが生き生きと笑顔でプライドを持って仕事をしているのが、ビシビシ伝わってきて、その姿とエネルギーに感動しました。


Text & Photo by 
PASSAGE
次の食レポは「再度「タピる」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ