1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 北越谷の住宅街で味わう創作フレンチ「楽の蔵Chez tomo」

北越谷の住宅街で味わう創作フレンチ「楽の蔵Chez tomo」

2019年7月16日


東京スカイツリーライン北越谷駅から歩いて10分弱のところにある、楽の蔵Chez tomoは、創作フレンチのレストランです。
数年前に妹がこちらのお店を見つけて以来、ずっと通っているのですが、一時期メディアに紹介されたこともあり、予約が取りにくくなってしまったのが残念。
私の帰省が決まると、早めに予約をしてもらいます。
今回の帰省も無事予約が取れたので、久しぶりに伺いました。

楽の蔵Chez tomo:〒343-0026 埼玉県越谷市北越谷2丁目33−7



ディナーのコースはフルコース、またはフルコースのお料理を少量にしたスモールポーションフルコースの2種類です。
コースのお料理は当日のお楽しみ。前菜のプレートは、トマトとバジルの冷たいガスパッチョ、トリュフ風味のキッシュ、低温調理の鶏ハム、サラダの下には軽く締めた鯖。



低温調理の鶏はむね肉とのことですが、しっとりしていて、やわらかく、身がしっかりとしていてとてもおいしかったです。



北海道産のホワイトアスパラガスと、長野の山菜、様々な魚介を静岡産のあおさをジュレにしたソースで頂きます。ピューレ状の人参は酸味のあるソースでした。



イクラにイカ、エビ、白身魚などなど。冷えたスパークリングワインが進みました。



甘さとコーンの旨味がぎゅっと詰まった温かいコーンのスープ。





お魚は2種類の白身魚でしたが、名前を失念・・・。
パリパリの衣をまとった魚は、身がぷりっとしっとり。トマトソースで頂きます。
緑の野菜はスティックブロッコリーでしたかな。素揚げされた葉がパリパリになっていて、面白い食感でした。



メインのお肉は、牛肉と豚肉の2種類が盛り付けられた贅沢なプレートです。
お肉の上にかえるちゃんの葉っぱ!!(またはトトロの傘!)



こちらのトトロの傘のような葉っぱは、ハーブの一種で、もちろん食べられます。
少しぴりっとするので、牛肉と一緒に食べてみて下さいとのことでした。やわらかな刺激で、お肉を邪魔しない名脇役。見た目の可愛らしさも、プレートが楽しくなりますね。地元で獲れたタケノコがめずらしいと思いました。肉食にはたまらない、牛肉と豚肉が味わえる贅沢なメインディッシュでした。







デザートは4種類。カンパリのジュレ、ティラミス、すいかのソルベ、ルバーブのブリュレでした。淡い甘さのすいかのソルベから頂きます。口の中がサッパリしました。カンパリのほろ苦いジュレ、濃厚な甘さとチーズが魅惑的なティラミス、色鮮やかで甘く煮詰められたルバーブのブリュレ、どれもおいしかったです。

久しぶりの楽の蔵でしたが、今回も大満足でした!次回の帰省時も行けたらいいなぁと思います。
次の食レポは「渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ