1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 際立つ才能。──「賛否両論」

際立つ才能。──「賛否両論」

2019年6月25日


この日は恵比寿にある「賛否両論」さんへ。
メディアにも露出率が高い笠原正弘氏がオーナーシェフを務めるお店だ。
創意工夫に満ちあふれたお料理で食材の旨みを引き出すことでも知られる氏のお料理を一度はお店でいただいてみたいとビギナーズラック(!)でお席をゲットしたのだった。



最初は友人と出かけるつもりだったが、母に「行きたい?」と尋ねると「『賛否両論』だったらいってみたい!!」とのこと。そんな訳で親子ではるばると出かけることとなった。

扉を開けると笠原さん自ら出迎えてくれる。お席は2階にある個室だ。



セッティング。



○蛍烏賊、スナップえんどう、新じゃがの蕗味噌和え



ホコホコに柔らかく炊いた新じゃがに蕗味噌を合わせ、でっぷりとした蛍烏賊とスナップえんどうが添えられている。一口、二口と食べ進むごとに「春の味」を満喫できる一品。お皿も素敵♪


○新玉ねぎのかき揚げ、サクラマスの香り揚げ



限りなく甘くて柔らかな食感の新玉ねぎは熱々でホクホク。
一方のサクラマスは「サクラの香り」をつけて一晩寝かせたものだそう。。。
しっとりとした肉厚の身の狭間にたしかにホンノリと「サクラ」の香りが感じられたような。。。
レモンと塩が添えられているが、何もつけないで食べた方が美味しさがダイレクトに感じられる。

○小鉢6種のどぐろと行者ニンニクのおひたし鶏の松風紅芯大根の辛子漬け
みるがいと生もずくの酢の物鴨ローストカステラたまご



旬を彩る食材がちょっとずつ色々とかわいい小鉢に盛られた美しい饗宴。
それぞれに小技とひねりが効いていて、家庭でも作れそうな感じではあるのだけれど、たぶん難しいかな(笑)。
が、トライしてみる価値はありそう!!



日本酒と合わせたら、きっともっと楽しめたと思うのだけれど、当日は車だったのでノンアルビールで(涙)。。。

○あさり真丈の沢煮椀



あまり見かけない「あさり」の真丈はフンワリとして繊細な印象。
食べ進むうちに「あさり」の旨みをダイレクトに感じることができる。
一方のお出汁は割と力強い感じで、たっぷりのお野菜とほどよくマッチしている。
何となく和と洋の良いところを組み合わせたような味わい。

○お造りいさきとすみいか。





添えられているのは、普通のお醤油と奥が「たけのこ醤油」とのこと。
せっかくなので「たけのこ醤油」にトライ!!
「春の香り」がお魚と一緒に楽しめて大満足!!
微妙な配合だと思うけど、美味しい♪家に常備したい(笑)!!

○鰆の塩焼きと筍の炙り焼き



筍の下に隠れているたっぷりの若布のソースをつけていただく。
鰆だけ、筍だけ、若布だけでも美味しいのに、それらがお皿の上で美味しさのハーモニーを奏でて「春爛漫!」という感じの贅沢な一品。ちょっぴりの山椒を見て、「うちの山椒を持ってくれば良かったわね!」と母と笑い合ってしまった。。。

○地鶏 椎茸 クレソンの茶碗蒸し 芽キャベツのすりながし





当日、最も感動したお料理の一つが此方。
地鶏と椎茸はよくありがちだが、そこにクレソン、さらには芽キャベツを合わせてくるところが笠原流。
春野菜の甘みと旨み、地鶏の力強さ、椎茸のしなやかさが合わさって、何ともいえない美味しさを醸し出している。
しみじみと美味しいとはこのようなことを言うのだろう。

○いぶりがっことマスカルポーネ



箸休め的な感じで登場!!マスカルポーネもこの季節らしく「桜バージョン」!
これも酒飲みにはたまらない「究極の組み合わせ」の一つだ。
考え出した人は「天才(の酒飲み)」だと思う(笑)。
日本酒、飲みたかったよぉーーーっ(号泣)。

○〆のご飯:しらすと空豆の土鍋ご飯



個室のドアがノックされて入ってきたのは土鍋を抱えた笠原さんだ。
「本日のお食事はいかがでしたでしょうか?」と客とコミュニケーションを図りながら、ご飯をよそってくれる。
ここで真打ち登場とはっ(驚)!!母も驚いたようで目をシパシパさせながら一生懸命に感想を述べていた。。。
「少なめで!」とお願いした割にはたっぷりとよそってくれた(笑)。



香の物、止め椀まで美味しい。特に胡瓜は不思議な食感!!



お米が美味しいのでどこのお米をお使いか尋ねたところ(母が)、佐賀の「夢しずく」をわざわざ取り寄せてお使いとのこと。。。


○デザートなんと!!6種類ものデザートが揃っていて、食べたい人であれば「全種類」お願いすることもできるのだそう(驚)。この日は「ノンアルビール」しか飲んでないし、全種類いけそう(少量ずつでもお願いできるそう)だったのだけれど、そこは「大人の対応」(笑)。控えめに二つお願いしてみる(えっ?)。

○桜のモンブラン(この季節限定)



可愛らしいピンク色のクリームを食べ進んでいくと、中から可憐ないちごが「こんにちは!」。
見た目も食感も「春」にふさわしい「乙女心」を刺激する可愛らしいデザートだ。お味もバッチリ!!

○杏仁豆腐



ブルプルのゼリーを食べ進んでいくと、下から柑橘系のお味の杏仁豆腐が登場!
サッパリとした食感で美味しくいただけるが、モンブランの方がインパクト大!!

○大葉のシャーベット(母のデザート)



かなりサッパリとして後味がとてもよいシャーベット。
もっとたくさん回ってくるかと口を開けて待っていたのに、「美味しいシャーベットね!!」とほとんど一人で食べてしまっていた(呆)。

この日いただいたのはノンアルビール(600円)。



アルコール類もそんなにお高くない。





残ったご飯はお握りにしてもたせてくれる。笑っちゃうほどたくさんあった。。。



すっかり満腹&幸せ気分となって帰りは咲き始めた夜桜を見物しながら帰った。



この日いただいたのは8,900円のコース(他に6,900円のコース設定あり)。
サービス料が10%かかるが、アルコール類もそんなにお高くないので、たぶん1.5万もあれば十分に楽しい夜を過ごすことができるはずである。

生笠原氏とお会いしてお話することもできたし、創意工夫に満ちあふれたお料理も美味しかったし、何よりも母が喜んでいたので良い親孝行となったと思う。但し、味付けは若い人向けというか、若干、濃い目に感じるかもしれない。

消費税の影響かどうかはわからないが、巷の飲食店がどんどん値段を釣り上げていく中、高級食材は使っていないかもしれないが、あくまでも「基本に忠実な美味しさ」にこだわった創意工夫のアレンジで、1万円もかからずに誰もが「はっ」とするような美味しいお料理を提供するお店も世の中にはあるのだ。これは、もはや料理人としての才能以外の何物でもないと思うが、世の中の飲食的の方々には是非とも見習ってほしい姿勢でもある。

母もお友だちに長電話をしてあれこれと感想を語っていた。「何の変哲もないお料理に見えるのに、その一つひとつがどれもとっても美味しいの!ああいうのがホンモノのプロの味っていうのね。お店の名前はちょっと変わっているけど、覚えやすいし・・・」。だそう(笑)。。。

予約は取りづらい(らしい)が、機会があったら、是非またリピートしたいお店が一つ増えてしまった(笑)。


ごちそうさまでした☆


●賛否両論 (さんぴりょうろん)
東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル 1F
03-3440-5572
18:00~翌1:00(L.O.23:00)
日曜、祝日休
18席
http://www.sanpi-ryoron.com/
2004年9月16日オープン
Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「ヨーロッパ軒総本店@福井」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ