淀の寿司「魚楽(ととらく)」

2019年5月26日


駅前に京都競馬場が広がってますなぁ~

京阪電車、淀駅にやってきた。競馬場だけでなく大きな公園もあるので、家族連れも多く賑やかだ。
今回は、その競馬場と反対側、バスロータリーのある駅南西側に出る。そこから広い道路を、数分北へ歩いたところ、道路沿いにあるお店にやってきた。

壁に、丼の写真がずらっと貼ってあるのが目印。

「魚楽(ととらく)」だ。



お店の中に入ると、そのまま壁に沿った一文字カウンターになっていて、全部で7席かな。店の外に負けじと、壁には丼の写真がずらっと貼られている。店のキャパからして、おひとり様はもちろん友達同士なお客さんが中心かな。

丼とは書いたけど、店名からも分かるように、魚介の丼が楽しめるんだよね。30種を超える丼は、季節物も色々あるんだろうけど、ぱっと見た感じ、550円~2030円(税別)の価格帯で、概ね1000円以内とリーズナブル。



じゃあ、山かけマグロ2色丼(650円)にしてみようかな。あ、シャリ大盛り(50円)で!
丼というか、寿司桶で出てきたぞ。
たっぷりのシャリの上には、ネギトロと赤身すき身がもっさり表面張力的な感じで盛り付けられている。



マグロのしっとり滑らかな舌触りがたまらんわね。山芋のいい粘りと滋味な味わいとの相性がばっちりだ。「寿司」「シャリ」という表現を使ってるけど、実は、シャリがうまい。そう、ご飯は寿司飯になっていて、柔らかくていい塩梅の酢加減がグー
シャリ大盛りにしたけど、そうしなくてもそこそこボリュームのある量だな。これで、このお値段は確かにお値打ち。

このお店、そのお値打ちなところが人気でもあるんだけど、
もう一つ人気なのが「かえネタ」。
海沿いの産直市場のようなところに出かけると、色んなバリエーションの海鮮丼が楽しめるお店ってあるけど、あれって、「わー色々ありすぎて悩むわー」ってなるんだよね。まさに、そのお悩みを解決してくれるようなシステムだ。



最初に丼を注文して、シャリを残しておけば、他の丼のネタを追加注文できるわけ。店内にもその説明が書かれているんだけど、例えば海鮮丼(550円)を注文してねぎとろ丼(550円)のかえネタをお願いすると、ねぎとろ丼はシャリ分を除いた料金(200円引き)となるので、550円+350円=900円で二度美味しいわけだ。ラーメンの替玉はよくある話だけど、海鮮丼のかえネタはなかなか斬新。

実は最初にシャリを大盛りにしたのも、1杯目もある程度シャリと一緒に食べたかったからなんだよね~。1杯目でも結構満足感あるな。マグロを食べきったところで・・・じゃあ、「かえネタ」で豪勢にカニ・甘エビ・赤エビ丼(940円)にしようかな。200円引きだから740円の追加だね。

わ、一面に盛ってきましたなぁ。



赤エビがもっちりでウメー。甘エビももちろん美味いんだけど、それに劣らず甘味が強いですなぁ。カニほぐしも食べても食べても減らへん(笑)

がっつり海鮮丼を頬張りたい人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚楽(ととらく)
場所:京都市伏見区淀本町173-82
時間:11:00~15:00(L.O.14:40)、17:00~21:00(L.O.20:40)水休
電話:075-632-6303
次の食レポは「奈良のおやつ♪」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ