1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 銀座で穴場のフランス・リヨン料理「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」

銀座で穴場のフランス・リヨン料理「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」

2019年5月23日




芸術的な車に後ろ髪を引かれつつ向かった先は、フランス料理「Salle a Manger de Hisashi Wakisaka 〜 サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」。
フランスで研鑽を積んだオーナーシェフ、脇坂尚さんのお店です。



銀座駅近く、外堀通りをちょっと入ったビルの地下1階。

エレベーターを降りるとすぐにお店で、廊下の左手にはワインセラーがあります。



こじんまりとした店内は、予約でいっぱいです。
今回銀座に用事があったので、ランチを食べログで検索。
「銀座」「ランチ」と入力してランキングを見ていったのですが、上位は全てランチで10,000円以上。
15,000円、20,000円もざら。
何件かは5,000円〜、8,000円〜もあったのですが、お茶も美味しい所でしたいし、できればもう少しお手頃な方が・・・と思いつつようやく見つけたのがこちらのお店、なんと37位!!!
36位までは全てランチで5,000以上のお店がランキングするとは、さすが銀座。恐るべし。

こちらは、それまでの高価格からいきなり1,000〜1,999円。下がり方が半端ないです。
でも、2019年にブロンズ賞を獲得し、4,04の高得点。
これは期待できます。



前日の電話で無理かなと思いつつ「11時半〜12時45分までで宜しければ」との条件付きで予約できたテーブル。

1時間15分とはなかなかタイトですが、行ってみたいので即承諾。
ランチコースは、「時間のない方向けお手軽コース」1600円と、「リヨン料理コース」3600円の2種類。

席に着き、「お電話でお話しした通りお時間が短いのですが、リヨンコースはお時間が掛かるので・・・。」と言われたので、「時間のない方向けコース」を選択。
まずは、「白アスパラのヴルテ」。
言われなければ白アスパラと分からないかもというお味。



ミニサラダも付きます。
メインは、冒頭写真の「フォワグラ トリュフ マッシュルームのブレゾット」。
麦のリゾットです。
隣のテーブルの方が同じメニューで、シェフが先にそちらに持っていき料理の説明をした後、我々のテーブルへ来て「以下同文」と一言(笑)。
なかなか個性的なシェフです。



友人のメインは「国産ホルスタイン種 バヴェットのソテ エシャロットソース」。
噛みごたえのあるお肉です。



確か自家製パン。
パンが付くと知らなかったパン好きの友人は大喜び。
皮がバリバリで美味しい。



オレンジジャムも自家製。



なんと200円(アイスは300円)で食後のドリンクが付きます。
アイスコーヒーは若干濁りが有り今一つの色だったので、ホットの方が良いかもしれません。
ドリンクはデザートとセットでは600円で付けられ、ブランマンジェやクレームカラメル等が有り魅力的でしたが、この2時間後ぐらいにお茶の予定だったので、断念。



でも、こんなプチ菓子が付いてきました!
中はパッションフルーツとチョコレート、外はマジパンにミント&リキュール。
物凄く美味しくて、本日の1番でした!(←怒られる)
銀座でこのボリューム&お値段、穴場です。
次の食レポは「354 Campars Burger(金沢市安江町)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ