小さな窯焼きパン屋さん。──「ベーカリー オーフェン」@三鷹

2019年5月15日


JR三鷹駅北口から歩いて10分ほどの場所にあるのが「武蔵野郵便局」だが、その手前の信号手前にある小さなパン屋さん、それが「ベーカリー オーフェン」さんだ。

ドイツ語で「窯、オーブン」を意味する「オーフェン」(=ofen)という店名の通り、レンガづくりの大きな窯で早朝からパンを焼き上げているのだそうだ。

小さな路面店ということもあって、今まで何十回も前を通ってきたはずなのにお店の存在には全然気づかなかった(汗)。1988年創業ということなので、この近くのカイロプラクティックスに通っていた頃にはすでに存在していたはずなのだけれど(汗)。

外から見える美味しそうなパンの姿に誘われるままに入店!!と、目の前には4つのパンがパックされた袋が並んでいる。美味しそうに見えたオレンジ系(日向夏?)がトッピングされたパンと好物のメロンパン、バターロールなどが入って、そのお値段はなんと315円!!一つひとつのお値段は覚えていないのだけれど、たぶん前日のパンの売れ残ったお品を詰め合わせたものなのだろう。リベイクすれば全然問題ないし、何よりもそのお得感がうれしい。という訳でお買い上げ!!



と、レジ横にはかわいらしい形の「シャンピニオン」が!!一つ160円ということで此方もお買い上げ!!



なんだか得した気分になって帰宅後に早速実食!!
まずはオレンジ系のパン。



フルーツデニッシュペストリーというタイプになるのかな。酸味のあるオレンジとその下のカスタードがほんのりと甘く、優しい美味しさを醸し出す。パイ生地を重ねたデニッシュ系というよりは、基本に忠実なみっしり系のペストリーという感じ。1個でお腹は一杯になる。

バターロールは翌朝リベイクしてバターを塗って。。。最近、嵌まっているカルピスバターをつけたら美味しかった♪

メロンパンともう一つのパンは食べられてしまった。。。どちらかにカレーが入っていて、とても驚いたそう。。。どちらかしらん?

そして「シャンピニオン」。「キノコ」というより「玉ねぎ」のようにもみえる此方、塩加減が絶妙で軽い仕上がり。とても美味しい。バゲット同様、料理に合わせるパンなのだけれど、その前に単体でいただいてなくなってしまった(笑)。↑のカルピスバター、マーガリン、チーズ等々、何にでも合うライトな食感が良い。

通常、バゲットと同じ素材で作られるパンでもあるので、今回は購入していないけれどバゲットにも大いに期待できそうだ。

何でも此方のバゲットなどのフランスパンの窯出しは10時30分(他のパンもそれぞれ窯出しの時間が決まっているらしい)とのこと。お店は8時からなので、地元の常連さん方は買いたいパンの窯出しの時間に合わせて食べたいパンを買いに行かれるのだろう。

お総菜パンも色々と揃っていて美味しそうだった。お値段もお手頃だし、また買いに行ってみてもよいかな。思いがけない場所で基本に忠実な美味しいパン屋さんに出合って嬉しくなってしまった。


ごちそうさまでした☆


●ベーカリーオーフェン
東京都武蔵野市西久保2-3-12
0422-54-4321
月~土8:00~20:00
日曜 祝日休
予約可
1988年オープン

Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「中国料理「竹游林」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ