1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 【辣子鶏(ラーズーチー)】金燕楼(ザ・ゴールデンスワロー)@那覇

【辣子鶏(ラーズーチー)】金燕楼(ザ・ゴールデンスワロー)@那覇

2019年4月7日




沖縄に来て、典型的な沖縄の味ばかりに触れていることがどうしても多いので、
ちょっと目先を変えての「中華料理」です。

若い人に大人気の 金燕楼(ザ・ゴールデンスワロー)で、
なかでも注文率が一番高いと言われる
辣子鶏(ラーズーチー)

これが実によかった!



ゴールデンスワローがあるのは

モノレール牧志駅から数分、安里というところにあります。
ちょっと目立たないところで、
以前近隣のホテルロイヤルオリオンに泊った時このあたりは栄町市場へ散策しながら歩いていても、さすがに気が付かなかったです。



お店の内装がいいですね。
もちろん演出ではありますが、いい意味での外国感。
これが東京だとそれほどエキゾチックではないのでしょうけれど、
さすが沖縄、ここにあるだけで不自然な感じがしないんですよね。



「金」で始まる中華料理店って香港なんかだとよく見ますよねー。
ゴールデンホイール=金輪酒家、とか。



ちょっとやりすぎかも(笑)



これまたカジュアルな菜単ですね。
さりげなく「てびち」なんかがあるのがさすが沖縄。



搾菜。
話しは変わりますが、ザーサイって普通にお新香のごとく食べてますけど、元々は唐辛子のような「調味料」であり「薬味」なんですね。
お新香のように食べる習慣になったのは、桃屋のおかげじゃないですかね。



中華料理店ではまず青菜炒めを頼め!(笑)

いいお味でしたよ。
それに580円ってリーズナブルすぎ。



正式な名前忘れました(笑)
ゆで豚のタレがけ。これはシンプルだけでビールなどのあてに最高。



そして「辣子鶏(ラーズーチー)」
揚げた鶏肉の香味炒めですね。
四川、湖南料理の一つ。



骨付き肉をバリバリ食べるのがまたなんとも。
いやー、おいしいわー。

色々なもので中華料理の美味しさを感じますけど、
こういう揚げ物にもう一度炒めて香り付けするダブル火力の調理は
やっぱり他にはないとしみじみ感じます。



こんなに唐辛子が入っているけど、丸ごとで種が飛び出ていない分、ほんのりした辛さ。
ニンニクもほんのり。
調理法の賜物です。

永遠に食べれそう(笑)



焼き餃子は万頭風。



エビマヨ。
すごい食べ応え。
これで680円とは安いなぁ。



〆はレタスチャーハン。




こういうお店が近くに一軒欲しい!
そういう印象のお店でした。



こちらは久米の近くにある、燕郷房(ヤンキョウファン)
私の定宿ホテルから歩いて3分でした。
姉妹店で、こちらはレストラン。
今度行ってみよ。
次の食レポは「敦賀赤レンガ倉庫で蟹のランチ&カフェ」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ