フルーツ・アート。──「むらはた」(金沢の旅 その11)

2019年3月23日


「金沢おでん」をハシゴした後は、サッパリ系のデザートが食べたい!!頭に浮かんだのは、何故か「パフェ」だった。という訳でGoogle先生に導かれるままにやってきたのが、武蔵町の「めいてつ・エムザ」のほど近くにある「フルーツパーラー むらはた」さんだ。

1階は都内にあるようなフルーツ専門店で、二階がパーラーとなっている。すでに18時をまわっているのに、店内は結構な賑わいぶり。。。学校帰りの高校生なども多かった。。。

ケーキも気になるが、「一番人気!」という「フルーツパフェ」(850円)。



まるで、某流派の「生け花」のように、斬新なスタイルで登場した(驚)。







マスクメロン、グレープフルーツ、オレンジ、マンゴー、りんご、キウイ、いちご、ぶどうなどなど、ブーケのようにフルーツがてんこ盛りでパフェグラスに刺さっている。この、「フルーツ・アート」のようなパフェの場合、「盛られている」というより、「刺さっている」という表現の方が適切かと(笑)。



フルーツが転落しないように、細心の注意を払って食べはじめる訳だが、これがとても楽しい。パフェの前で誰もが皆、「童心」に帰るらしい。
パフェグラスの中のアイスクリームの中には、バナナがゴロゴロ。。。東京のお店だったらコーンフレークだったりすることもあるが、此方ではそんなことはない。

メロンは少々、熟しすぎた分、トロトロに甘くて美味しかったし、他のフルーツも瑞々しさ満載で、どこをどう食べても美味しい。何よりもこれで「850円(税込み)」というのだから、信じられないようなお値段だ。

隣のテーブルの女子高生に一段にインスタ映えしそうな「苺パフェ」(900円程度)が運ばれてきたが、そちらも冗談のように「苺だらけ!」の食べてしまうのが惜しいような美しいフォルムのパフェだった。

此方は同行者の「和風パフェ」(650円)。あんこがミッシリと詰まっているのがおわかりいただけるだろうか?



ショーケースの中に並んでいたケーキがどうしてもいただいてみたくて、帰りに1階のフルーツ専門店で「生ケーキ」を一つだけ購入。「ポックル」(430円)というケーキだ。



翌朝、朝食にいただいたが、フルーツの下部分がチーズクリームになっていてとても美味しい。3つほど残っていた他のケーキも買い占めてくればよかった!と少し後悔。。。


地元客だけでなく、観光客にも人気のお店のようだ。時間帯によっては行列することもあるらしい。たしかにこのお値段だったら、パフェ好きの自分としては毎日通ってしまうかも!東京・吉祥寺ぐらいに是非「支店」を出してほしい!!と心から思う。


ごちそうさまでした☆



●むらはた
石川県金沢市武蔵町2-12
076-224-6800
予約可否
10:00~19:00(L.O.18:30)
無休
49席(カウンター7席、テーブル42席)
http://www.murahata.co.jp/
2002年4月オープン

Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「クルミ堂/経堂」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ