1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. Billboard Live OSAKA @ロバート・グラスパーな夜

Billboard Live OSAKA @ロバート・グラスパーな夜

2019年2月4日


この夜は「ビルボードライブ大阪」セカンドステージへ。
〜ロバート・グラスパー・トリオ with DJ ジャヒ・サンダンス〜



クラシックロック、ばかりでなく…音楽シーンの今も、しっかり聴いておかねばと。(笑)



ロバート・グラスパーは、ずいぶん前から行きたくてウズウズしててちょっとした、不意打ち万歳な夜。総支配人Kさん、いつもありがとうございます♪

ライヴ前は必ず(演奏中もだけど)会場でゆったりと、ワイン&料理を味わうのが、楽しみのひとつ。だから開場とともにピットインというワケ。



フランチャコルタで乾杯♪「Ca’del Bosco」がオンリストされてテンション上がる。



●鶏モモ肉のハーブチキンサラダ



鶏肉はしっとり、ローズマリーほかハーブの心地よい香り漂う。野菜摂取の健康的飲酒。


●ヒラメのソテー



本日の魚料理より。肉厚でいて身はしっとり緻密。サフランソースのコクと香り、ケイパーの塩味がアクセントになっててワインが進むわ。紫玉ネギやズッキーニ、ゴボウ、カボチャほか野菜の火の通し方もばっちり。


●黒毛和牛フィレ肉のステーキ



このレア感、堪んない。塩で味わえば、肉の清らかな甘みがぐぐっと際立つ。玉ネギベースのソース、この爽やかな甘みもいい仕事してたな。



まさか「Bread & Butter」にこの場で巡り会えるとは!カリフォルニアで、ワイン界のロックスターが造るシャルドネの超が付くバターの香り、ねっとり舌に絡む誘惑に、そらもう酔いしれた。


●フォアグラ大根



そそられるビジュアル。ロッシーニ風だけれど、フォアグラの下は大根だから、罪悪感全くない(笑)フォンで炊いた大根から滲み出る旨みと、フォアグラのコクが渾然に。そこにさりげなくトリュフが香りを撒き散らし、後味清々しいのは、大根の為せる技。付け合わせは、丸コンニャクのゴルゴンゾーラクリームソース。これが名脇役!



その後、演奏がはじまり・・・、クリスピーなピッツァ2種「酒粕クリームチーズと鶏ムネ肉の塩麹ピッツァ」と「マルゲリータ」を齧り、ビールとなりました。ピッツァがアテに最高すぎて、撮影し忘れ(笑)
この大きな会場で、熱いものは熱いうちに…一本筋の通ったひと皿ひと皿を提供できるって凄いなぁと、つくづく感心。まだ食べたいメニューがあったんだけれど、次回のライヴのときに♪美味しい時間をありがとうございました。


開演前、料理長にも会えた。



ビルボードライブ大阪の女性料理長・永岡沙理さん。若い!(笑)だけどちょっと一味違う、センスの持ち主。その話はまた別の機会に。

さて、ロバート・グラスパー。ジャズ・ピアニストとしての圧倒的なオーラを放ちつつジャンルの垣根を越えたサウンドを巧みに操る彼の演奏って、派手さはないものの、絶妙な間合いに心惹かれた。
ベース、ドラムス、DJらとのステージングによるボーダレスな音の世界。ロバートはいろんな旋律のなかで、緊張感あれば、引き算あり、引き立て役に撤する箇所あり、要所要素のバランス感凄いの。そして阿吽の呼吸をもって、トリオ凄いわ、と感心しっぱなしの、めくるめく時間でした。
そして新地の夜へと続く・・・。

ビルボードライブ大阪
大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2
06-6342-7722
次の食レポは「おいしい時間。」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ