1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 90余年の歴史。──本むら庵 荻窪本店

90余年の歴史。──本むら庵 荻窪本店

2018年11月9日


都内へ出かけた後、「本むら庵 荻窪本店」さんでお蕎麦を食べて帰ろうということになった。
中央線からもよく見える此方へは久しぶりの訪問となるが、広い駐車場も併設され、しかも通し営業のありがたいお店だ。



この日は手入れが行き届いた和風庭園が見えるお席に案内された。



広い店内には客が数組。午後のひとときに昼酒(?)を嗜んでいる方々もいる。
一人でお酒を飲んでいても、その佇まいが妙にしっくりと絵になるお店でもある。









母は「山かけ」、私は「鴨せいろそば」(1,480円)をお願いする。

「山かけそば」(1,000円)。



天地逆で失礼(汗)。たっぷりのとろろに刻みのりがたっぷり!!

「鴨せいろそば」。



此方のお蕎麦は「石臼挽き自家製粉」にこだわったお蕎麦なのだそう。。。
新蕎麦にはまだ少し早かったようだけれど、瑞々しい感じのキリッとした印象のお蕎麦だ。
前回(どれくらい前だ?)はそんなに感動しなかった記憶があるのだけれど、今回いただいたお蕎麦はかなり美味しい!量も前回よりたっぷりしているし!!



鴨汁。



長ネギと鴨ロースではなく、鴨のコマ切れがいくつも入っている。
お出汁がたっぷりと出て割と濃いめの味わい。

薬味。



ネギはともかくとして、山葵は鴨せいろにはあまり・・・。
が、お蕎麦に直接のせていただいてみたら美味しかった。

母の「山かけ」もしっかりと味見(笑)。
鴨せいろのお出汁よりも、あっさりとしているように感じたのは「山かけとのり」のせいだろうか。。。

40分ほどの滞在だったが、夕方近い店内には静かな時間が流れている。
あまり混まない時間帯の利用の方が、此方の味と雰囲気を楽しむには適しているかな。

昔からこの場所にあるなーと思っていたら、なんと!!大正13年にこの地で創業した蕎麦店なのだそうだ。
当時の荻窪はどのような街並みだったのだろう。。
以来、この地で90余年の歴史を刻んできたお店だ。
お店も広いし、駐車場もたっぷりしているのもミョーに納得できる。
蕎麦の老舗店というと、どうしても都内に足が向いてしまうのだけれど、中央線沿線にも実は老舗店があったのだ(いまさら思い出した・笑)。。。

お会計を済ませると「スタンプカード」を作ってくれた。
スタンプカードをもらうと「満杯にしたくなる」タチの自分なので通ってしまいそうだ(笑)。

入口付近のテーブル席奥にある盆栽。



少し引いて。



待合席風景。



蕎麦ちょこや蕎麦の容れ物、石臼が並んでいて眺めるだけでも楽しい。







スタンプカードも作ったことだし、もっと色々なメニューを食べてみなければなるまい。
ごちそうさまでした☆




●本むら庵 荻窪本店 (ほんむらあん)
東京都杉並区上荻2-7-11
03-3390-0325
11:00~21:30(L.O.21:00)
火曜休(祝日の場合は翌日)
予約可
日曜・祝日の午後4時より前のご予約は「特別献立 @5,900円」ご予約のお客様に限らせていただきます。
火曜日(祝日の場合は翌日)
80席(フロアー14卓、座敷8卓。座敷も椅子席です)
店の左右に専用駐車場有(約30台)
http://www.honmura-an.com/
1924年12月1日オープン

Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「池袋『ジョーズ上海』でランチ♪」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ