1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. インターコンチネンタルホテル大阪 ピエールで至福のランチ

インターコンチネンタルホテル大阪 ピエールで至福のランチ

2018年10月11日


インターコンチネンタルホテル大阪 ピエールでおよばれランチ

ミシュラン★に選ばれたフレンチレストランで至福の時を過ごしました

(ご紹介するお料理は順不同)

サーブされる女性が専用の手袋をはめ、トリュフを削る



魚料理
・北海道帆立のポワレ アーティーチョークと秋トリュフ(+565円)

削り器の刃の間隔が狭すぎたようで、なかなか削れず調整し直されました

海をイメージした青いガラス皿は、スガハラのもの
肉厚の新鮮な帆立貝柱は中が半生状態で、とても美味

私、帆立貝柱が大好きで・・・「最後の晩餐に何を食べたいか」と問われたら、
「帆立貝柱の握り寿司か美味しい白桃」と答えるかも!(笑)



レディスコース(5800円)をお願いしましたが、ご招待下さった方が
「フィレステーキが食べたい」
ということで、メインの肉料理を変更して頂きました

白ワインをお願いするとソムリエ登場で、好みを聞かれ
「少し甘くて、スッキリした後口のもの」・・・で、ミュスカデ

お口始めのスターター
・ブラッドオレンジが入ったフラン

グラスの底に少~しだけの冷製西洋茶碗蒸しのような一品
エディブルフラワーが乗っています
ほのかにブラッドオレンジの香りがしました

パンは最初に2種類とバターも無塩、有塩の2種類
エシレバターでした  美味しい~
分厚いガラス器はスガハラ製



肉料理
特別にコース以外から
・オリーブ牛のフィレステーキ(+2600円)

実に柔らかく、歯の悪い人でも食べられる程
オリーブオイルを搾った後のカスを飼料に混ぜているそうで、肉特有の臭みが無く
上質のステーキでした



ガル二に釘付け(@_@)

マカロニを竹炭入りのホワイトソースでパテにしているらしく、
手が込んでいます



お口直しのグラニテは柚子味だったかな?



デザート
・洋梨のマリネ セロリとザクロ

不思議な形態をしたデザートのグリーン部分はピスタチオのクリーム
中に洋梨のマリネとセロリのソルベが入っていました

紅茶はミルクを入れたかったので、イングリッシュブレックファストをお願いしました

スターターの敷き皿、パン皿、ティーカップ&ソーサーは、アビランド社
泡のような凹凸がとても綺麗



・小菓子
可愛い一口サイズの焼き菓子

この乳白色の器もスガハラ

カトラリーはクリストフ
敷き皿代わりのマットは革製でした



20Fからは大阪市内を望むことができます
ディナータイムは更に煌めく夜景が綺麗でしょう

フレンチレストランですが、仰々しい堅苦しさは全くなくて、
サーヒスのスタッフは黒いエプロンを着けていらっしゃって、少し驚きました

ソムリエとマネージャーらしき男性は黒服



贅沢な至福のランチ、過日我家で「籠弁当でおもてなし」をしたお礼でした

エビで鯛を釣ったようで申し訳ないくらいです
でも、嬉しい~!
Text & Photo by 
SABIOの隠れ家
次の食レポは「cafe&space PushPull(プッシュプル) 東京都狛江市/カフェ 喫茶店~小田急喜多見駅からぶらぶら その1」>>
ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ