1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 昭和レトロが漂う老舗喫茶「アンヂェラス」

昭和レトロが漂う老舗喫茶「アンヂェラス」

2018年7月12日




レトロな雰囲気漂うショーケース。
浅草の老舗喫茶「アンヂェラス 」、創業は昭和21年です。
大好物の粟ぜんざいを食べに「梅園」へ行ったのですが、天丼の後に1人1つのぜんざいはきついので、ぜんざいは半分こずつにしてコーヒーをいただこうと思ったのです。
ところが、コーヒーを置いていない。紅茶もない。
ジュースを飲む気分ではなかったので、粟ぜんざいは諦めました。
コーヒーの導入を、切に望みます、梅園様。



という訳で、気になっていた「アンヂェラス」に来てみました。
昭和感満載の外観。
お店のモットーは「敢えて新しいことをせずに、今のこのお店を守り続けていくこと」だそうです。



モットー通り、ショーケースには昔懐かしいサバランやプリンアラモードが並びます。
中段左のケーキ「アンヂェラス」や、下段左の「フルーツポンチ」が代表作。




手塚治虫さんも常連だったそうで、サインが飾ってあります。



ダッチコーヒー(水出しコーヒー)に梅の付く「梅ダッチコーヒー」が名物なのですが、珍しく紅茶が飲みたかったので「梅アイスティー」にしました。
小さい容器に入った梅酒が付いてきます。
梅酒をちびちびやりながら、アイスティーをいただく。不思議な感じです。
呑兵衛だった初代オーナーが考案し、元々は裏メニューだったそうです。



レトロモダンな店内の創り。
店員さんの制服も合っていますね。
昭和の時代にタイムスリップしたくなったら、こちらへ。
次の食レポは「月曜から夜更かしに登場!笹屋昌園本わらび餅「極み」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.