1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 京都の居酒屋「立ち呑み 賀花」

京都の居酒屋「立ち呑み 賀花」

2018年7月11日


相変わらず、京都錦市場は賑わってるなぁ。
海外からの観光客もわんさかだ。

錦天満宮寄りを歩いていると・・・
ん?
店先には漬け物が売られているんだけど、店内が立ち飲みになってるな。
ちょっと、入ってみようかな。





「立ち呑み 賀花」だ。
中に入ると、壁沿いにカウンターと、店内中程には漬物樽をテーブルに。
酒屋が立ち飲みを併設する角打ちはよく見るけど、漬物屋が立ち飲みをすることもあるんですな。隣りは漬物店「錦・高倉屋」だ。



生ビールから焼酎、ワインまで一通りあるんだけど、やはり、京都の地酒が気になるところ。賀花のスタンダード、松本酒造「澤屋まつもと」純米酒(580円)からいただこうかな。辛口なんだけど、口当たりが柔らかく旨みのあるお酒。

肴は、京漬盛三種(380円)。長いも浅漬、しば漬、芽生姜漬だ。
長いもウメー、ちょっとした酸味としゃくしゃく食感がたまらんな。芽生姜は、生姜らしい辛味よろしく、完全に酒飲みアイテムじゃないか。



もう一つ、招徳酒造「招徳 西山」(650円)。
こちらも辛口ながら、口当たりまろやかでどっしり構えた感じが安心する。



カニミソ(280円)。
かにみその味は想像できるしょ。でもね、ここで気をつけなきゃいけないのは、きゅうりの方なんだわ。こちら、もちろん糠漬けでございます。これがまた旨い。ベストコンビ。



瓢箪からピュー~、ん?これは駒なんかな・・・
ラベルがなんだかキュートな、白嶺酒造「酒呑童子 ひょうたんから駒」(580円)。規格外の山田錦を使って、美味しいお酒ができちゃった・・・まさに、ひょうたんから駒。常温でツイー。



おあげ焼(180円)。
焼きたての揚げが美味い。サクッと食感と、揚げそのものと焼いた時の香ばしさがたまらん。



いやー、この店は飲んじゃうな~
リーズナブルな肴はもちろんいいんだけど、お漬けもんがやっぱり美味しいわ。
ついつい日本酒が進んじゃう。もー昼酒には、最高なお店ですな。

気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立ち呑み 賀花
場所:京都市中京区錦小路通寺町東大文字町289-2
時間:12:00~20:00
電話:075-231-0081
次の食レポは「都立大学カフェ「イチノサカ」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.