1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. モロッコ料理の台所にて

モロッコ料理の台所にて

2018年6月20日


今までいろんなものを自家製で作ってきましたが、どうしても納得いかないのが塩レモン。

なんでかなー?から始まった私の疑問に「だったら実際に食べに行ってみようよ!」と嬉しいお誘いをいただきました。

東北沢の住宅街に迷い込むオンナ二人。(結局、駅から真っすぐだったけど)



異国情緒のあるランプとタジン鍋が目印の、ENRIQUE MARRUECOS(エンリケマルエコス)さん、オーナーシェフがお一人で切り盛りする、カウンターのみのこじんまりとしたお店です。

初めてなのに何だかホッとするるは、女性店主ならではの家庭的な雰囲気からでしょうか。

コース料理がお得でオススメらしいのですが、ここは我ら、食べたいものを!!

な~んて、そんなこと言ってたら、塩レモンを使った料理をひとつも選ばず・・・ま、今日は食べたいもの食べようね!



ということで、モロッコビールのカサブランカで乾杯し、前菜からスタート!



ナスのザアルーク。いわゆる焼きナスに、オイルと調味料を合わせて炒めたような、ペースト状のもの。

冷たいナスのペーストは食べたことがあるけれど、これは温かくて嬉しい。

「冷たくないね」

「あらかじめ作っておいて、温めてるのかな」

などなど、食いしん坊の会話は常に、この料理どうなってるんだ!?という話題で尽きません。



特製のパンにのせていただきます。

そうそう、こちらのパンは、近所のパン屋さんにレシピを渡して、エンリケさん専用に焼いてもらっているそうです。



ふむふむ、スペインのパンに似てるかも。

土の釜で焼いたようなローカル感もありながら、しっかりしたレストラン仕様、それをオーダーごとに焦げ目を付けてサーブされるので、焼きたてのような香ばしさとシットリした生地が楽しめます。



牛肉のソーセージと新じゃがいも。

もうね、見た目からジャストミートです!!ミートなだけに。ニヤリ。

はっきり言って、この焦げ目は罪ですよ。



でもって切ってみると、中から肉汁ブッシャー。

この汁を茹でた新ジャガイモに吸わせて、辛いスパイスとコリアンダーをたっぷりまぜていただきます。



赤身肉のソーセージはサッパリ&シットリ、肉感あるのに臭みはまったくなく食べ応え十分で、今回のメニューの中で一番好きだったかも。



ササミと白瓜とコリアンダーの和え物。

これぞ家庭料理的な、間違いなく日本人も大好きなパターンです。

白ワインにも合うけど、レモンサワーでもイケると思う。



タジンはケフタをチョイス。

ラム肉のミートボールをトマトソースでタジンしたもの。(←使い方合ってる???)





玉子の黄身を崩して・・・まろやか~。

これが甘めのモロッコ赤ワインと合うのよね~。



クスクスは、いろいろ悩んでツファヤとひよこ豆をチョイス。

レーズンとひよこ豆に、飴色に炒められたタマネギとシナモンのソースがきいたクスクスで、もれなく赤ワインと良く合います。

ツファヤとはなんぞや!?と調べましたところ、タマネギとレーズンとシナモンに砂糖を加えて蒸し煮にしたソースのことだそうです。

これが本当に美味しくって、二人で「ごはんにかけて食べたいね」って。

足りなかったらどうぞと、追加用のソースも付けてくださったの、もうこれだけで飲みたいと思いました。

一般的な日本人家庭にはない味、新しい味との出会いは本当に楽しい。

二人で小鼻を膨らませ気味で食べきりました!



はい、ここからサプラ~イズ!!

絶対こういうの苦手だろうなぁ、というコノ人に、あえて挑戦的に「ロウソク、ふーふーして!!」。

(これが誰だかわかる人~~!!ハイハイ)

なんかね、こちらのプレート、サービスで作ってくださいましたヨ。

仕事中は結構真剣顔だったシェフが「おめでとうございます」って柔らかな笑顔で用意してくれたの、嬉しかったな。

2種類のアイスクリームは、アルガンオイルとデーツに、オレンジフラワーウォーターとアーモンドの。

興奮してて『アルガンオイル』しか頭に入ってこなかったので、食べたらキレイになれる!と信じてホジホジ。

どうだろ、ひとつオトナになった人に効果はあったのだろうか・・・。

これでもかとミントが盛られたバースデープレートは、無駄に飾らず、キリッと爽やかで、まるでカノジョのイメージそのまま。

酸味の少ない地中海チックなヨーグルトムースには、アーモンドかと思ったけど飴を砕いたようなのがかかってる?

これに生のミントをタップリのせてモグモグ・・・ミントが柔らかくってフレッシュ!レアチーズケーキのようなムースとの相性も抜群によくって、オイチイ。



胃の働きを良くするミントティーで完結です。(「注いで~」と強制的に撮ったヤラセ写真)

砂糖をたっぷり入れるのがモロッコ流だそうですが、普段砂糖を入れないので、少量だけね。うん、入れた方が美味しいかも!!

パンのおかわりをした上に、クスクスが思いの外お腹の中で膨張を始め、帰る頃には本気のお腹パンパン!!

ああ、楽しかったなぁ。そしてお誕生日おめでとう!!

次は塩レモンの料理を食べましょう。

それからデーツを使った料理も結構あったから、そっちも気になるのだな、ワタシ。



そんなバースデーガールのカノジョから、今年も朝顔の苗をもらいました。

去年は西洋種のフライングソーサーでしたが、今年は交配種の富士シリーズ3種(わざわざ買ってくれた!?)。

大輪の花が咲くそうで期待大。(H子)
Text & Photo by 
マイニチ★コバッケン
次の食レポは「きのね堂とブーケなお菓子」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.