1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 東京(西麻布):帝國食堂(フレンチ・ビストロ)でステーキとお肉だらけのハンバーグ

東京(西麻布):帝國食堂(フレンチ・ビストロ)でステーキとお肉だらけのハンバーグ

2018年6月15日




色々と用事を済ませた後の夕食は21時過ぎになった東京の夜。そうなることは予定の範囲内だったので、深夜まで営業しているお店が有り難い。
西麻布は肉料理の激戦区というイメージ、ちょっとお洒落でリッチな焼肉屋やワイルドなステーキをガツンと頬張る。もれなくお肉料理を求めていた私がセレクトしたのは深夜2時まで営業のお肉料理が多いビストロ、帝國食堂

ビストロと言えば横文字の店名が殆どをしめる中、帝國食堂って硬派な印象で気になっていた。
予定時間が決められなかったので予約していなかったが、席が空いているということでタクシーで向う。
西麻布交差点から青山墓地に向かう途中の麻布保育園の次の次の道路を左に曲がってつきあたり。表通りから細い道を通って1本裏手の道なんですけど、ここはひっきりなしにタクシーが通ってます。



厨房を囲む様にL字型のカウンターとテーブル席が幾つか。オープンは2013年だと言うが昔から存在しているフランスのビストロの様なクラシックムード。
装飾にアンティークが使用されている以外にシェフの落ち着きさも影響していると思う。本日のメニューにはメインの肉料理がずらり、と並んでいてどれを選ぼうか迷う。



白ワインのグラスを頼むと、サービス担当の宮崎駿似なおとうさん(髭だけ?)が何本ものワインの瓶をテーブルに並べて説明してくれた。
おとうさんはもしやシェフのお父さん?とという想像をめぐらせる。残念ながら途中で帰宅してしまったのだけど、おとうさんもめっちゃ雰囲気あります。
アミューズのオリーブのコンフィ、グリーンオリーブがしっとりとして風味豊か。



上州ネギのロースト・マンステールチーズ添え
上州ネギのローストはマンステールチーズと葱の強すぎない個性のある風味が重なり、葱はとろとろで甘い。



ホタテのカルパッチョ
お肉の前の前哨戦は冷たくてさっぱりした料理で盛り上げる。
粒マスタード入りの液でマリネしたホタテにミニトマト(アイコかな?)とケイパーそしてバジルのソースがかかっている。



お肉だらけのハンバーグ・赤ワインソース
真っ白なお皿にふんだんなソースと真ん丸なハンバーグ、シンプルでスペシャルなビジュアル。お店を知った時からこのメニューが食べたかった!つなぎを殆ど使っていないというハンバーグはむちむちみちみちとした歯ごたえに肉肉しいッ赤ワインソースがまた深みとうま味が広がって、あー肉の存在感を噛みしめながら美味しい~とまた噛みしめ。



合わせるのはもちろん赤ワインのグラス。これは素敵な画像だ、携帯の待ち受けにしたらいつもお腹が鳴りそう。



ブラックアンガス牛のステーキ
もう1つのメインはステーキ、そうよそうよ西麻布でステーキが食べたかったのよ。部位はこの形からまさにTボーン。1切れの厚みが結構あるけれどサクサクと噛みきれて赤身なのでさっぱりとして重くない。まさにサクサクサクサクと食べ進んでステーキをペロリ!
シンプルなのにクオリティが高くてどれもグッと来る料理で美味しかった。気軽に立ち寄れてお店の雰囲気もとても好みだったので、また別の機会に再訪したいです。
Text & Photo by 
ふりむけばスカタン
次の食レポは「雅庭でランチ(シェラトングランドホテル広島)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ