1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 難波の居酒屋「豚足のかどや」

難波の居酒屋「豚足のかどや」

2018年6月3日


お昼前に、難波。
大阪メトロ地下鉄御堂筋線なんば駅から一度地上に上がって、四つ橋線なんば駅に向かう途中にあるお店。
超有名店だよね、「豚足のかどや」だ。



入口の扉部分は完全に開放されていて、中の様子がよく分かる。
奥に長い店内は、厨房を中心に据えて、入って右側がカウンター席、左側が4人がけのテーブル席になっている。庶民的な赤いテーブル、赤い丸椅子がたまらんわね。
中を覗くと、「いらっしゃい!何人さん?」と威勢のいい声がかかる。背中を押されたかのように、奥のカウンター席へ進む。
まだ昼前だし、ラーメンとか昼飯アイテムを扱うお店でもないんだけど、次から次へと客が入ってきて、活気にあふれている。

ビール(瓶ビール650円)をもらって、と。
小皿に甘辛いタレが入り、わさーっと青ネギ。小さなフォークは、ネギ食いようかしら。さらに、追いネギができるように、ネギだけを別皿に入れたものも出てきたぞ。ネギ好きにはこの時点でテンションあがるわ。



何はともあれ、まずは豚足(600円)か。
入口付近に大きな鍋があって、ここに豚足満載。じーっくり煮込まれている。
注文すると、間髪入れずやってくる。
思っている以上に柔らかく煮込まれていて、骨から肉がスルスルと解ける。プルンプルンのゼラチン質も思う存分堪能できるぞ。クセや臭みがまったくないんだよね~脂でこてこてしそうなところは、ほら、この満載な青ネギがいい仕事をしてくれるんだよね。タレをつけて青ネギとともに。



豚足のかどやではあるけど、豚足以外にも牛や鶏も扱っている。
じゃあ、ハラミ(550円)とココロ(550円)をもらおうかな。これらは串焼きで、1皿3本だ。
焼き過ぎとかじゃなくて肉質は少し硬めなんだけど、これがまたいい。ひと串がなかなかなボリュームなことになっていて、口に運ぶと、肉肉しい食感と旨みが広がるんだよね。
ココロ串は先の部分に、サービスアイテムとして丸腸のような脂身が。これがまったくクセなく、変な脂っぽさもなくグー。厚みのあるココロは、独特の弾力がたまらんわね。



サクッと飲みでちょこっと食べた感じなんだけど、味、ボリューム感ともに満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:豚足のかどや
場所:大阪市浪速区難波中1-4-15 南松竹マンション1F
時間:11:00頃~22:00頃 火休
電話:06-6631-7956
次の食レポは「たべものや ITOHEN/石神井公園」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ