1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 稲庭うどんとめし 金子半之助 コレド室町店

稲庭うどんとめし 金子半之助 コレド室町店

2018年5月30日




先日、失業中の一姫とコレド室町にある「稲庭うどんとめし 金子半之助」を訪問。
同じ日本橋にある「金子半之助」ほど並ばずに小天丼と稲庭うどんがセットになっているものが食べられる。
あるいは、「つじ半」の小さい海鮮丼と稲庭うどんのセットが食べられる。
がっつり半之助の天丼が食べたい、はたまたつじ半のぜいたく丼が食べたい方は並ぶもよし。

そんな「稲庭うどんとめし 金子半之助 」は、3人しか並んでいなかったので列に従うことにしたのだった。
大して待たされずに二人がけの一番奥のテーブルに通された。


そして、私は稲庭うどんと日本橋 海鮮丼 つじ半のぜいたくめし(冷)を注文した。



着席すると、金子半之助と同じように豆茶が運ばれてきた。
テーブル中心の観音開きを開けると。



豊富な薬味たち。
左からガリごぼう、柴漬、山菜、とろろ昆布、わかめ、温泉卵。
左半分がご飯用に、右半分に稲庭うどん用、かな?と思う。



さて、こちらは海鮮丼。
どんぶりといっても大きめのお茶碗くらいの大きさだ。
そこには酢飯ではなく、温かいご飯。
その上に白身魚の叩きの塊。そして彩りでいくら。
相変わらず高いと思われるいくらはいくら?しーん。



セットされたタレを回しかけていただいた。
これがうまい。
思わず無言でご飯をかきこんだ。
具材は甘く、醤油ダレと相まってご飯に染み込む。
喉元通って、胃袋まで到達して、カラダが喜ぶ。
一層贅肉を蓄える。
久しぶりに「つじ半」を味わった。



実際はここで海鮮丼が先か稲庭うどんが先かを悩んだのだった。(←なんとも幸せな悩み)
稲庭うどんが伸びてしまうのではないか?と思うし、
海鮮丼は早めに食べたほうがいいのではないか?と思うし。
結局は海鮮丼が先で、稲庭うどんが後になったわけだけど。



慌てて手繰り、慌ててすすって見ると。
大丈夫!伸びてはいなかった。
ここで少しペースを落としてゆっくり味わおう。


海鮮丼のご飯の上にはガリごぼうと柴漬、山菜をこんもり乗せて残ったご飯と食べた。



そして、稲庭うどんのつけ汁には、わかめととろろ昆布と温泉卵を入れた。
もしかして、この時に温かい稲庭うどんの方がこの薬味が引き立つのではないか?とも思ったが、元々冷たい稲庭うどんが好きだからこれはこれでよしとする。

これで全ての薬味を味わって大満足のランチとなった。



稲庭うどんの長さは短め。
佐藤養助の稲庭うどんよりもだいぶ短い。
よって、食べ易い、と言えるかもしれない。
吸引力が強い方は物足りないかもしれないが。

大満足のランチ。美味しかった。ごちそうさま。
次の食レポは「エチオピア@神保町本店 野菜+チキンカレー」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.