1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. コク&キレ抜群の鰻店。(1805再訪)──「信川円」@国立

コク&キレ抜群の鰻店。(1805再訪)──「信川円」@国立

2018年5月28日


最近、国立界隈に出没することが多いのだけれど、連休中のこの日もショッピングにお出かけ。
前の晩、某所で飲んだくれていたのであまり食欲もなかったのだけれど、何故か鰻を食べようということになり、一橋大学裏手の住宅街に佇む「信川円」さんへ。。。
店前は一方通行なのだけれど、この日はやたらに車の通行量が多くて駐めるのに苦労した。
(駐車場は店前に数台分ある。)



鰻のメニューを眺めると、少しお腹も空いてきた。



「い」で良いかなーと思ったのだけれど、「ちょっと寂しいですよ!」と宣うおかみさんの忠告に従って、「ろ」をお願いすることにした。「松・竹・梅」ではなく、「い・ろ・は」でサイズが変わっていくのが此方スタイル。

此方では注文を受けてからじっくりと備長炭で焼き上げるスタイルのようで、肝心の鰻が登場するまでおよそ30分。伸びたり縮んだりして、芳ばしい香りを楽しみながらじっと我慢の人となる。

そしてついに念願の鰻、登場!



お椀もの模様もかわいい!



此方は「い」(2,310円)。



おかみさんが「寂しい!」と話していた通りのやや小ぶりなサイズだ。白いご飯部分が少し目立つ。そしてご飯もやや少なめ!!
此方が「ろ」(3,630円)。



一回り、いや、二回りほど大きく、そして厚みもある鰻となる。ご飯の量もたっぷり!!若干、お高くなるが、せっかく鰻を食べに来たのなら、このぐらいたっぷりと味わいたい。

全体はこんな感じ。



角度をかえて。



若干、黒い(笑)が、焦げ感は思いの他、気にならない。何よりも熱々の鰻を火傷しそうになりながら、ハフハフと頬張るこの幸せ感といったら!!今回はご飯も熱々で此方特有のスッキリ&辛口系のタレとの相性もバッチリだった。

お茶。



小上がり席もある店内の雰囲気。



春先にいただいた荻窪の某店の鰻よりも此方の方が断然美味しいように思う。好みもあるのだけれど。。。もう少しだけ見た目の感じが美しいと嬉しいかな。まぁ、見た目よりも中身勝負ということで(笑)。家に帰ったら、すっかり重たくなっていた(滝汗)。美味しかったから良いことにしよう。。。ごちそうさまでした☆



●信川円
 東京都国立市中2-21-8
 042-573-2345
 11:30 〜14:00/17:00 〜 20:00
(鰻が売り切れ次第終了)
Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「ザ・軽井沢プリンスホテル ボーセジュールでゆったり優雅な朝食を!」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.